記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『太子と雪丸』(その2)

ファイル 1805-1.jpg
 こうしてボクは、太子の宮殿に住むことになった。
 そして毎日、太子のお供をすることになったんだ。
 太子はお忙しい御方だった。
 天皇の代わりに、政治を取らねばならなかったからだ。
 国の取り決めや、外交問題・・。
 あらゆる問題を、太子は一度に十人の人から話を聞いて、受け答えをしたんだよ。
 えっ?そんなこと出来るのかって⁈・・そこが太子の凄いとこなんだよ。
ファイル 1805-2.jpg
 でもね、いくら太子でもこれじゃ、ストレスが溜まっちゃうよね。
 そこで、太子はよく馬に乗って、散歩に出かけたんだよ。
 もちろん、その時はボクも一緒さ。
 そんなある日の事だった・・。
ファイル 1805-3.jpg
 それは片岡山という所を通りかかった時・・、
ボクは「ワォーン!ワンワンッ」と叫んだ。
太子「どうした⁈雪丸。何、あそこを見ろと⁉‥ウムッ?誰か木下で倒れているぞ。行ってみよう。」と太子は言われた。
 そこには何と、人が倒れていたんだ。つづく
 

紙芝居:『太子と雪丸』(その1)

(はじめに)
犬好きのボクと[雪丸(ゆきまる)]との出会いは、奈良県の王寺町から[以和貴(いわき)会=『和を以って貴しとなす』の聖徳太子の言葉の意味か?]の役員さん達が、別件でお寺にお越しになったのが始まりだった。
 そこで王寺町のマスコットキャラクターが犬の[雪丸]であることを知った。
『えっ?聖徳太子に愛犬がいたの⁈しかも人間の言葉がわかり、お経も読める!』、とボクはびっくりした。
 ・・そこで、雪丸のお話をうかがっている内に、それは是非紙芝居にしたいと考えた。
 後日、役員さんから「雪丸」の絵本と王寺町の歴史資料が届いた。・・感想、面白かった。
 でも、すでに素敵な絵本があるので、イメージを壊さないようにして、[紙芝居]化を考え、ここに完成した。
 それでは、見て頂きましよう。「太子と雪丸」です。
ファイル 1804-1.jpg
 僕の名前は[雪丸(ゆきまる)]。
 犬だよ。
 ご主人様は「聖徳太子」。
 そう、僕は太子様の愛犬なんだ。
 それじゃ、僕と太子のお話を始めよう。
 はじまり、はじまりー。
ファイル 1804-2.jpg
 僕と太子の出会いは、宿無しの僕が太子の宮殿に迷い込んだ事がはじまりだった。
太子「おっおっ、これは可愛い犬じゃのう!この屋敷に迷い込んだのか?」
雪丸「ワン!」
太子「そうか、それじゃ、いっそのこと私の愛犬に成るか?」
雪丸「ワンワンッ」
太子「そうか、そうか。じゃ、今日からココがお前の家だ。うん⁈名前が必要だなあ・・。雪のように白いオス犬なので・・、お前は今日から雪丸だ!」
雪丸「ワン!」 
つづく
ファイル 1804-3.jpg
(奈良県王寺町[達磨寺]内「雪丸」像)

東大阪市:「明徳寺」様の定例法座

ファイル 1803-1.jpg

 昨日、東大阪市:明徳寺様の定例法座へ、『紙芝居法話』の出前に行かせて頂いた。
 去年の12月初めて出講させて頂いて、昨日で第二回目の講演だった。
 実は、二回目と言うの一番難しい。
 演目・テーマを何にするかで、一番迷うのだ。
 迷った結果、親鸞聖人の大いなる教えを前半のテーマにして、後半は、今年芸能界を騒がせた色々な形の[愛]をテーマに、紙芝居を使いお話させて頂いた。
 さぁ、結果はどうだったな?
 ご住職から「笑いあり、涙あり、感動あり、(宗教的)教え有りのご法話でした。」と最後にお褒め頂いたが、・・僕の法話は『エンターテイメント(何でもありの)法話』みたいなものかもしれない。 

第二回『ほろ酔い交流会』(忘年会編)

ファイル 1802-1.jpg
昨日の夜は、観念寺で第ニ回(ほろ酔い交流会)。
ファイル 1802-2.jpg
用意万端です。
ファイル 1802-3.jpg
ファイル 1802-4.jpg
男は楽しく酔っ払い、

女の人は、いつの間にやら、健康体操談義。
副会長さんから「こんな楽しい団欒の場を作って貰ってありがとう!ワシらのご先祖さんも仏さんも喜んでくれてると思います。」と、お礼の声を掛けていただきました。

王寺町『達磨寺』の[雪丸像]拝見

ファイル 1800-1.jpg
(達磨寺)
 今日、王寺町の[達磨寺]へ行って来た。
 製作中の紙芝居『(仮題)太子と雪丸』の取材の為だ。
ファイル 1800-2.jpg
(聖徳太子の愛犬『雪丸像』)
 あった、あった、雪丸の石像が!
 お参りの後、360度ゆっくりと観察させて頂いた。
ファイル 1800-3.jpg
(雪丸の墓か?達磨寺一号墳)
 ここが、本当の雪丸の墓ではないかと云われている『達磨寺一号墳』。
ファイル 1800-4.jpg
(制作中の紙芝居『太子と雪丸』)
 すでに、雪丸の立派な絵本が完成している事を知ったので、僕は絵本とは違うシンプルな紙芝居『太子と雪丸』を完成させたいと思う。
太子と雪丸の顔を似せて描いて見ました。(笑い)

[干支ちぎり絵教室]、開催

ファイル 1799-1.jpg
 本日、[干支ちぎり絵教室]を開きました。
 17名のご参加でした。
 来年の干支は『犬』です。
ファイル 1799-2.jpg
 みんな、一生懸命!
 はさみでじょき、じょき。
 のりで、べたべた。
ファイル 1799-3.jpg
 見事に、みんな完成しました。
 皆さんの玄関に、来年一年飾られます!

[寺カフェ]と『ほうろく灸』

ファイル 1798-1.jpg
 今日は、月一[寺カフェ]の日。
 そして今日は早めに終わり、寺役員だけ残り、知り合いの鍼灸の先生に『ほうろく灸』を試して頂く。
ファイル 1798-2.jpg
 ほろうく灸というのは、平安時代、弘法大師が開発したといわれるお灸健康法である。
 その方法は、素焼きのお皿を(タオルを挟んで)頭に乗せ、その上に大きな『もぐさ』をのせて点火するものだ。
 僕も試してみたが、そんなに熱く無く、頭がすっきりしてとても気持ち良かった。
 効用は、頭痛、肩こり、高血圧、かんしゃく、不眠などに効くらしい。
 一度試しただけでは、何とも言えないが、これは良い!と感じた。
 来年の二月、『ほうろく灸』講座をお寺で開いてみる。
 

奈良県:王寺町『以和貴(いわき)会』役員さまの来院

 『和(わ)を以(も)って貴(とうと)しとなす』と制定されたのは、聖徳太子であるが、一昨日、太子所縁の王寺町より、王寺町老人クラブ連合会『以和貴会』の会長・副会長さんが、お寺に来られた。
 そこで、いろいろな話に華が咲いたのであるが、その中で僕が特に興味を持ったのは、王寺町イメージキャラクター犬の[雪丸(ゆきまる)]だ。
 今、大人気らしい。
 王寺町のホームぺージでも確認したのだが、とてもかわいい白犬で、なんとっ、聖徳太子のペットであり、この犬、お経や人間語も話せる伝説のスーパー犬だったらしい。
 そういえば、以前から観光バス会社のNさんが「かわいい犬ですよ~。なんとお寺の中に石像があるんですよ!」と言って居られた。
 『以和貴会』の役員様のお話によると、今、王寺町は『雪丸ドローン』という犬の形をした小型散歩ドローンを町中に飛ばして、町の観光の為に活躍させているとのことだ。
 この犬、ただ者!いやただ犬ではない!
 お話をお伺いしていて(犬好きの僕は)、是非この犬を『紙芝居』にして作りたいと思った。(そして、許可を得て、僕も王寺町の応援を外野からしたいと思った!)
 そして、僧侶の僕がどうせ作るのなら、仏教色・古代日本史色などを取り入れ、わかりやすい『スーパーペット犬[雪丸]から見た聖徳太子』をテーマにしたものにしたい?と思ったのである。
 さて、今年最後の紙芝居制作になると思うのであるが、まずはこの[雪丸]犬について、もう少し調べてみねば・・

京都教区上東組仏教婦人会連盟『報恩講』への出講

ファイル 1796-1.jpg
(六角堂)
 昨日、京都教区上東組『仏教婦人会連盟』様[報恩講]に、講話に行かせて頂いた。
ファイル 1796-2.jpg
(六角会館)
 場所は、京都市[六角堂]の門前の『六角会館』である。
ファイル 1796-3.jpg
 講話の時間は、約一時間。
ファイル 1796-4.jpg
 婦人会の厳粛ながら温かい雰囲気を崩さぬよう・・、そんな紙芝居法話を精一杯させて頂いた。
 皆さん、『わかり易いわ~、楽しいわ~』という声が飛び交い、こちらも大変気楽な雰囲気でお話させて頂いた。
 仏婦会連盟の役員の皆さま、御世話になり有難うございました。合掌

今年の『フラワーアレンジメント教室』

ファイル 1795-1.jpg

 (坊守のフラワーアレンジ)
 今年の観念寺婦人会フラワーアレンジメント教室は、18名のご参加であった。
 毎年少しずつご参加の人数が増えている。
 ありがたいことだ。
 いつか、アレンジメントしたお花で一杯の仏事法要がしてみたいものだ。
 ボランティア御講師のご門徒の先生、そしてご参加の婦人会の皆様、有難うこざいました。