記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その1)

ファイル 1650-1.jpg
 時は鎌倉時代の末期。
 民の幸せを考えず、時の政権[鎌倉幕府]の権力者たちは、好きな事をやりたい放題、し放題。
 民は、重い税金に苦しんでおりました。
 それを憂いて、反旗を掲げ立ち上がったのが、『後醍醐(ごだいご)天皇』でありました。
 しかし、天皇側は如何せん、幕府に対抗できる武力がありません。
 そこで、天皇は[知恵]と[人望]と[勇気]を持った一人の武将に目を付けました。
 その武将こそが、大阪は南河内《千早赤坂(ちはやあかさか)》の山里に住む[楠木正成(くすのき・まさしげ)]公だったのです。パパンパンッ!(扇子で机をたたく音)
ファイル 1650-2.jpg
 後醍醐天皇は、正成を呼びました。
帝「そちが、楠木正成か?朕(ちん)は後醍醐の帝(ミカド)じゃ。
 正成、どうすれば、幕府に勝てるか?教えよ。」
正成「はい、帝。武力では、とうてい幕府軍に勝てまへん。 ・・しかし、万民の心を味方にすれば、負けへんでしょう。
 万民の心の先駆けとして、この楠木正成、幕府軍に戦いをいどみまひょう。」
帝「うむ、頼んだぞ、正成!」
 こうして、正成は地元[南河内]で、反旗を翻したのです。
 この時、楠木正成、37歳でした。
ファイル 1650-3.jpg
 『南河内の楠木正成、帝に味方し、幕府に戦いを挑む!』、という知らせは、関東の鎌倉幕府にすぐ知れました。
 幕府軍は数万の軍隊で、正成が籠る河内『赤坂城』を囲みました。
 楠木軍は、わずか五百人。
 しかも大半が、日頃は百姓をして暮らしている地侍たちだったのです。 
 さぁ、どうなる正成軍!どうする正成!パパンパンッ。つづく
ファイル 1650-4.jpg
(千早赤坂村・楠木正成生誕の地)
ファイル 1650-5.jpg
(同じく、生誕地すぐ近くの正成公産湯井戸跡)

柏原市:西法寺さまの[敬信講]初法座

ファイル 1649-1.jpg

 浄土真宗本願寺派『西法寺』さまの[敬信講(けいしんこう)]は、門徒壮年の方の男子の会。
 いわゆる働き盛りの仕事現場第一線を、ちょっと引かれた方々の会だ。
 その会の[初法座]に呼んで頂き、紙芝居をさせて頂いて来た。
 その演目は、『出家とその弟子』、『中甚兵衛ものがたり』、『大和の清九郎』と、男が主役ばかりの紙芝居、三本を選んだ。
 その中でも、やはり地元の有名人大和川の流れを変えて大阪の発展の為に尽くした『中甚兵衛』の話は、(さすがは壮年の会)皆さん食いついて見てくださった。
 やはり、その地元での有名人の紙芝居をするのが一番良いと思った初法座であった。
 

河南町:介護者家族の会の新年会

 本日、河南町介護者家族の会『さくらんぼ』の新年会があり、(会員でもある僕も)行って来た。
ファイル 1648-1.jpg
 出し物は、第一部が『南京玉すだれ』。
ファイル 1648-2.jpg
 その後が、『ギター演奏と手品』であった。
「出し物が、早めに終わってしまったら、宮本さん、何か目出度い紙芝居を頼むわ。・・時間調整して楽しませて。」と、会長さんに頼まれたので、一応(楽しい)紙芝居を一本持って行ったのであるが、やはり、使うことになってしまった。
 お正月から、紙芝居ばっかり演じている・・。こればっかり。

東大阪市「善林寺」様の新年法要

ファイル 1647-1.jpg

 昨日、東大阪市:善林寺さまの新年法要に、紙芝居法話でお招き頂き、演じて来た。
 約一時間の紙芝居法話。あたたかい雰囲気の中、お話しさせて頂いた。
 紙芝居法話が終われば、皆で善哉を頂きワイワイと歓談。
 楽しい一時を過ごさせて頂きました。
 善林寺の皆様、有難うございました。合掌

今年初めの『寺カフェ』

ファイル 1646-1.jpg
今日は、今年初めの『寺カフェ』の日。
ファイル 1646-2.jpg
 寒い日であったが、29名のお越しだった。
 有難うございます。
 さすがに、今日はホットコーヒーが一番人気でした。
ファイル 1646-3.jpg
 新年の初めの『寺カフェ』でもあり、今日は特別!
 楽器[三線(さんしん)]のお上手な檀家さんに来て頂き、ミニコンサートを三時から実施。
 沖縄民謡を何曲も弾いて頂き、外は寒いが、お寺の中は一足早い春が来たようでした。合掌
 
 

平成29年 新年法要

ファイル 1645-1.jpg
 先週の土曜日の夜、寒風の中、観念寺新年法要を行う。
 とにかく、嵐のような凄い風だったので、ご参拝の方がお出でになられるだろうか?と心配したが、全員で22名のご門徒さんが来て下さり、一安心と共に嬉しく思った。
ファイル 1645-2.jpg
 法要の後、例年のようにお善哉を頂き、その後、イベントとしてビンゴゲーム、今年三回目となる息子の仲間たちによる軽音楽演奏会を行った。
 さぁ、今年も[観念寺丸]が始動しました。
 今年も盛りだくさんの行事が待っている。・・頑張るぞ!
ファイル 1645-3.jpg

新年法要の準備

ファイル 1644-1.jpg

 今、今週の土曜日に行う『新年法要』の準備に入っている。
 お善哉の用意、軽音楽演奏会の準備やら、机やイスを並べたり・・エトセトラ。
 中でも一番手間のかかるのが、恒例のビンゴゲームの景品包装だ。
 すでに、景品は40個ほど(百均ショップ[笑]で)買ってきたので、それを(内職のようにせっせ、せっせと)袋詰めしている。
 毎年、手間はかかるが、ご門徒の皆さんの喜ぶ⁈お顔が楽しみで、これだけはやめられまへんなぁ。
 

適度なストレス

 今日のお参りの後の雑談・・。
 「住職さん、適度なストレスは大事でっせ。・・住職さんも、○○日に講演に行かなあかんと思いはったら、その日に向けて体調を整え張りまっしゃろ⁈・・何もストレスなかったら、かえって調子悪なりまんねんで。ストレスの掛け過ぎはもちろん良くないけど、感じてるか感じてないかという微妙なストレスは大事と思いますねんわ。・・わしの同級生は皆、死んでしもうたけど落ち込まん程度に、わしは適度なストレスを掛けて趣味や運動をしてまんねん。」と言われた。
 ・・なるほどなぁ、これ、僕の(管理が出来てない)精神力と体調を考えて言うてくれてはんねや、と思い感謝したのであった。

こんなにあちこちで、紙芝居が使われているとは!

ファイル 1642-1.jpg

 ひまわり娘さんから、添付付きメールで賀状を頂いた。
 そこには、僕の作った『滝畑二部作』の紙芝居が、あちこちで演じられて活躍している写真が写っていた。
 ・・正直驚いた。
 こんなにあちこちの場で、紙芝居が使われていることを!
 感激しました。有難う!ひまわり娘さん。そして、観光ボランティアの皆さん!
 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
ファイル 1641-1.jpg
 さて、今年のお正月は神戸に行ってきました。
 それでは、(晴天の)神戸の観覧車から見た風景をどうぞ。
ファイル 1641-2.jpg
最後は湊川神社内の楠木正成公のお墓を。
 南河内の英雄はこちらで亡くなったのですね。
 次に制作する紙芝居の主人公です。
ファイル 1641-3.jpg
(湊川神社内より)