記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その10 最終回)

ファイル 1745-1.jpg
 蓮如さまを慕い、お念仏を歓び、お念仏に生きた妙好人『赤尾の道宗』。
 永正13年(1516)、七十才前後?に往生されたのではないかと伝わっています。
 現在、そのお墓は、富山県南砺市西赤尾の[行徳寺]さま境内にあります。 おしまい
ファイル 1745-2.jpg
ファイル 1745-3.jpg
(道宗の墓)

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その9)

ファイル 1744-1.jpg
道宗さんが生涯慕い続けた[蓮如上人]は、明応八年(1499)、85歳で往生されます。
 その二年後、道宗は、蓮如さまとの思い出を胸に、『二十一箇條の心得』を書かれます。
 それは道宗にとって、自分自身への信心の問い掛けであったものでした。
 長いモノですので、・・少しだけ読んでみましょう。(全文、興味のある方はアマゾンなどで探してみてください。まるで、聖書みたいな文章(道宗と阿弥陀さんとの心の会話)も出てきます。道宗の仏への魂の叫びみたいで凄いっすよ。)

 第一条「御生の一大事、命のあらんかぎり、油断あるまじき事。」(意味:命が終わったらどうなるのであろう⁉それを今、しっかりと聴聞しなくてはいけない。油断して聞いていてはいけない!)

 第二条「仏法より他に、心に深く入ること候わば、浅ましく存じ候いて、すなわち、ひるがえすべき事。」(意味:仏法より他に、心に誘惑が入るなら、それは浅ましい事だと思って、すぐ反省し、心を入れ替えるべし!) エトセトラ、エトセトラ‥このような事が書いてあります。 つづく(次回、最終回)
ファイル 1744-2.jpg

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その8)

ファイル 1743-1.jpg
このような道宗さんでしたので、その噂を聞いた隣村のお坊さんが、『一度ためしてやろう!』とやって来ました。
 そして、草抜きをしていた道宗の後ろから、いきなり蹴り飛ばしたのです。(無茶しょるなぁ・・)
 前につんのめった道宗でしたが、何食わぬ顔で、又草抜きを始めました。
 それを見たお坊さんは、もう一度蹴り倒しました。
 しかし前と同じように、草抜きを又始めるのです。
 お坊さんは、「お前さん、なぜ蹴られても怒らんのか⁉」と問うと、道宗は振り向いて言いました。
 「お念仏の教えを頂くと、自分が蛇やサソリのような心で、人様と接していると思い知らされます。・・お宅様にも、どこかで知らず知らず、御迷惑をお掛けしたのございましょう。・・だから、私はこのような目に遭うのでしょう。・・お恥ずかしい事でこざいます。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。・・どうかお許しください。」と手を合わせました。
 それを聞いて、このお坊さんは心の底から反省したという事です。 つづく
ファイル 1743-2.jpg
(行徳寺内の『赤尾の道宗記念館』)
ファイル 1743-3.jpg
(棟方の書『南無阿弥陀仏』も飾られている)
ファイル 1743-4.jpg
(日本を代表する版画家『棟方志功』が残した道宗の版画:戦時中、棟方はこちらのお寺に疎開し、道宗を知り熱烈なファンになったという)

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その7)

ファイル 1742-1.jpg
村人A「おいっ、お前知っとるけ?道宗さんはいつでも『お念仏の教えには、修行はいらん!』と言うとるじゃろう。・・ところが、夜にはこっそり、自分だけ[割木]の上に眠る、ヨガの行者みたいな苦行をしとるらしぞ。・・体のあちこちに傷跡があるのを見た者が居るそうじゃ。・・いっぺん、道宗さんを問い質してみようかのう⁉」
 そこで、村人たちは道宗さんの家に向かいました。
 そして、尋ねてみると・・、
道宗「あぁっ見られてしもたか⁉・・確かに、わしは割木の上で寝て居る。
・・が、これは修行では無いのじゃ。・・阿弥陀様がわしのような愚か者でもお救いになる。これは何とももったいない事じゃないか!
・・こんなワシが、夜には、ぬくぬくあったかい布団で朝まで眠てしまう。・・ワシは思ったんじゃ。割り木の上で眠ったら、その痛さで目が覚める。そのたびに、阿弥陀様への感謝のお念仏がこぼれて来る。阿弥陀様のご苦労がほんの少しでも分かるような気がする・・と。
 ワシは阿弥陀様のお慈悲を忘れんが為に、こうして休ませてもろとるんじゃよ。・・ナンマンダブツ。」と、言われたそうです。つづく
ファイル 1742-2.jpg
 愚かな僕もやってみた。
 とても、痛くて長時間出来なかった。
 実際に赤尾村で見たのだが、本当の赤尾の割り木は、もっと太くてデカかった。これより、めっちゃ痛いと思います。
 超人道宗に敬服、南無阿弥陀仏。
ファイル 1742-3.jpg

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その6)

ファイル 1741-1.jpg
 やがて、道宗さんはお嫁さんをもらいました。
 家庭を持っても、旅に出ることの多かった道宗さん。
 ある日、お嫁さんが「私も一度、旅につれて行って下さい。」と頼みました。
 「それじゃ、一緒に行こう」と、夫婦で京の本願寺へ出発しました。
・・・が、お嫁さんは初めての旅行です。途中で旅費が足らなくならないか不安でいっぱいでした。
 それで、ずっと財布の中身ばかり見ておりました。
 それに気が付いた道宗さんは、「お前、お金を捨てよ!」と一言。
 「あぁっ・・はい」と、不服そうにお嫁さんは、財布を道に置きました。
 『・・これから、どうなるの⁉』と、力無く歩いているお嫁さんを見て、又道宗さんは一言。
「お前、お金を捨てよと言ったのに、まだ持っているのか⁉」と。
 それを聞いて、ムッとしたお嫁さんは「とうにお金は捨てました!」と反撃。
 「お前はまだ、心の中にお金を持って居る。お金が命のことより、大事だと思っているから、お念仏が口から出てこないんだ!」と叱ったそうです。
 ・・その後、この二人の旅はどうなったかって?
 記録には残っていません。 つづく
 

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その5)

ファイル 1740-1.jpg
本当に道宗は、熱心な念仏信者で、蓮如上人の大ファンでした。
 蓮如さまが、ある年の年末、越中の瑞泉寺に来られていた時のことです。
 道宗は、元日のお勤めに是非お参りさせて頂こうと、12月31日の夜中に自宅を出て出発したのですが・・、大雪の為に中々進むことができなかったのです。
 それでも少しづつ、少しづつ前進しておりました。
・・一方、お寺で待つ蓮如さまは、「まだ、道宗は来ないのか⁉・・いや、道宗はきっと来る!絶対来る!・・皆の者、道宗が来るまでお勤めは待つように!」と言って、じりじりしておられました。
・・やがて、吹雪の中、道宗の姿がちらっと見えました。 
ファイル 1740-2.jpg
「おおっ、来た!メロスが来たぞ。いや違う、道宗が来たぞ!・・それっ、道宗に聞こえるように、鐘と太鼓をもう一度、どんどん打つんじゃ!」
 ドドンッドドンッ、ゴーンゴーン、ドドンッドドンッ、ゴーンゴーンッ・・。
 こうして、汗だくになった道宗が無事に山門に入り、お勤めに間に合ったということです。
 この時から、瑞泉寺では、元日のお勤めには、[道宗打ち]といって、鐘と太鼓を同時に鳴らすようになったそうです。
つづく
 

軽費老人ホーム河南荘の[地蔵盆]

ファイル 1739-1.jpg
(軽費老人ホーム河南荘)
 今年も[地蔵盆]の季節が来ました。
 ギラギラと太陽輝く中、今年も軽費老人ホーム[河南荘]からお招き頂き(今年で20年目か?)、地蔵盆法要に行って参りました。
ファイル 1739-2.jpg
 すでに、会場は一杯。
 僕の読経の中、皆さん、思い思いにお地蔵さまに手を合わせておられます。
ファイル 1739-3.jpg
 そして読経が済めば、恒例の[紙芝居法話]。
ファイル 1739-4.jpg
 今年は、新作『日本のヘレンケラー・大石順教尼ものがたり』を演じました。
 題材の一つとなった『堀江六人斬り事件』を知っておられる方も多く、皆さん真剣に観てくださいました。

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その4)

ファイル 1738-1.jpg
こうして弥七、いや、道宗は熱心な念仏信者になりました。
 やがて幾年月か経ち、故郷の越中・赤尾村に帰った道宗は、自分の家を[念仏道場]に改築して、村人たちに、お念仏の教えを布教し始めました。
 質問されて、解らないことがあれば、すぐ京都に旅立ち、蓮如さまにその疑問を、尋ねられたという事です。
ファイル 1738-2.jpg
(道宗の生誕地にある行徳寺さま)
ファイル 1738-3.jpg
(道宗道:この道を通い、道宗は蓮如さまに会いに行かれたという)
ファイル 1738-4.jpg
(籠の渡し:道宗はこの籠に乗り川を越え、何度も京へ行かれたという。一度でも危険な命がけの籠渡しだ)
つづく

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その3)

ファイル 1737-1.jpg
 蓮如さまはおっしゃいました。
「・・皆さん、安心してください。阿弥陀如来さまは、いつでもどこでも、私たちを守ってくださっています。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。」と。
 このお話を聞いて、弥七は目の前が開けたような気がしました。
「なっなんと、阿弥陀様っちゅう仏様は、おっ父やおっ母のように、常にオラに寄り添い守って下さっているのか!」と。
 弥七は、その日から三日間、本願寺の縁の下で寝泊まりして、蓮如さまのお話を熱心に聴聞しました。
ファイル 1737-2.jpg
 「誰かっ、あの三日間、熱心に聴聞している童を、ここに呼んでまいれ!」と、蓮如さまは真剣な表情の弥七が気に成り、お会いになりたいと思われました。
 そして、弥七は蓮如さまの庫裡(くり)に呼ばれました。
 「そなたの名は何という?」と、優しく蓮如さまは尋ねられました。
 「はい、弥七と申します。越中より参りました。」
「ほおっ、そんな遠くから参ったか!・・で、なぜじゃ⁉」
 弥七は、父母に死に別れて寂しかったこと、家出をして筑紫の国に旅立ったこと、途中不思議なお坊さんに出合ったことなど、夢中で話しました。
 それを聞いて蓮如さまは、弥七の手を握り、
「そうか、そうか、それは辛かったのぉ。寂しかったのぉ。これからは、阿弥陀様という仏様が、お前の父母じゃぞ。・・のぉ、弥七、お前はこれから仏様の弟子[道宗(どうしゅう)]と名のれ。・・これから、一緒にお念仏のお救いを学ばせて頂こうのぉ。道宗!」と言われました。
 「はいっ」と、弥七はあまりの嬉しさに、目からぽろぽろ涙を流して感動したのでした。 つづく

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その2)

ファイル 1736-1.jpg
おじさんは弥七に言いました。
「弥七や。ここからなぁ、ずっと西に行くとな、九州の筑紫という所に出る。そこにな、羅漢(らかん)寺というお寺があって、石で作った五百羅漢(ごひゃくらかん)と言う石仏が祀られているんじゃ。その五百の仏さまのお顔を見ていくと、自分の親にそっくりな仏様がきっと見つかるという事なのじゃよ。」と。
 弥七は「おじさん、それ本当っ!オラ、今から筑紫に行って、おっ父とおっ母の仏様に会ってくる!」と言いました。
 「それは無理じゃ、弥七。もっと大人になってからにせぇ。」と、おじさんは言いましたが、弥七は、その夜こっそり家出して、筑紫に向ったのでした。
ファイル 1736-2.jpg
「あぁっ後、どれぐらい、筑紫まで掛かるのだろうか?こっそり作って来た、おにぎりも無くなってしもうたし。・・心細いなぁ。」と、弥七は山道でついウトウトと眠ってしまいました。
 その時です。
「お前はそこで何をしている⁉」と、声がしました。
 弥七はびっくりした顔を上げると、一人のお坊さんが立っていました。
 「はい、オラ、筑紫の国へ行って、父母そっくりの石仏さまに会いに行くのです。」と弥七が言うと、そのお坊様が、
「小僧。両親そっくりの石仏に出合うより、生きた仏さまに出合った方がよかろう!その仏様の方が、ずっとお前に寄り添いつつんでくださるぞ。・・それは、京の都の[本願寺]に居られる[蓮如さま]というお坊様が教えてくださるぞ。」と言われました。
 そう言うと、そのお坊さんは不思議なことに消えてしまいました。
 『蓮如さま・・か。』と弥七はつぶやき、筑紫の国に行くのを止めて、京の本願寺に向かうことにしたのでした。
ファイル 1736-3.jpg
 本願寺に着いた弥七は、本堂の中に入って、蓮如さまのご法話を熱心に聴聞し始めたのでした。 つづく