記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

テレビ朝日『ナニコレ珍百景』に出ました

ファイル 2025-1.jpg
テレビ朝日の『ナニコレ珍百景』に出ました。
 九月の撮られたものを編集したものです。
 河内長野の[滝畑地区]の『磨崖仏』の秘密を探るというのがテーマでした。
ファイル 2025-2.jpg
 投稿者の方とテレビスタッフの方が、お寺に来られて撮影しました。
ファイル 2025-3.jpg
 最後に、『珍百景』に登録されたようでホッとしてます。
 武田鉄矢さま、shellyさま、原田泰造さま、スタッフの皆様有難うございました。
 これから、滝畑地区に観光客が増えて[摩崖仏]の御心に触れる人が増えれば良いですね。
 

信楽とミホ・ミュージアム

ファイル 2024-1.jpg
滋賀県の信楽に行ってきた。
ファイル 2024-2.jpg
 たぬきの焼き物で有名な町である。
ファイル 2024-3.jpg
目的は「ミホ・ミュージアム」の見学。
某新興宗教の団体が、運営している美術館であるが、世界的有名美術品の宝箱のようなミュージアムである。
ファイル 2024-4.jpg
ここで、お釈迦さまの像をゆっくり見学させて頂いた。
心が洗われるような、清々しい美術館であった。

『石上露子の絵本』出版記念パーティー

ファイル 2023-1.jpg
(『石上露子を語る会』のメンバー)
 昨日、先日出版された『絵本 石上露子物語』の出版記念パーティーが、富田林駅前の[カフェレストラン・マップ]で行われたので行ってきた。
 お料理の他に、会のメンバーによる歌や、レストランのオーナーのスイング・マサさんによるサックス演奏などで盛り上がった。
・・そしてついでに、僕も新作紙芝居を披露して楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ファイル 2023-2.jpg
(世界的に有名なSWING・Masaさんのサックス演奏と歌)
 

奈良県「宇陀北組 寺族女性会」来院

本日、奈良県宇陀市より「宇陀北組 寺族女性会」の皆さんが来られました。
目的は、仏教研修ということで「紙芝居法話」を観に来られたのです。
色々とハプニングはありましたが、素敵なご法縁でした。合掌

寺カフェ、台風の中の大掃除、報恩講法要と色々ありました

 いろいろと忙しい日々が続きました。
 寺カフェや、台風迫る中のお寺の大掃除、そして、お寺で一番忙しい『報恩講法要』。
・・すべて無事に終わりました。
 でも、11月はまだまだ、やらねばならない行事が一杯あります。・・平常心で乗り切らねば。

今日の産経新聞に『石上露子の絵本』のことが載りました!

ファイル 2020-1.jpg

 今日の産経新聞の朝刊(10月11日号)、『河内:地方ニュース』欄に『絵本 石上露子物語』の特集が載りました。
 僕も、ちょこっと出ています。
 よろしければ、見て下さい。
https://www.sankei.com/west/news/191011/wst1910110006-n1.html

今日は、歌人:石上露子の御命日です

ファイル 2019-1.jpg
 10月8日・・。今日は、富田林の歌人『石上露子(いそのかみつゆこ)』の祥月命日です。
 その命日の日に、先日(僕が挿絵を描いて)出版された『石上露子物語』の、サンケイ新聞掲載の取材の為、富田林市の重要文化財[旧杉山邸](=露子の自宅)に行ってきた。
ファイル 2019-2.jpg
そして、作家の奥村先生とともに取材を受けた。
 この取材掲載のことは改めて書くとして、
 今日は露子さんのご命日であり、おそらくここで、露子女史は亡くなったのではないか?と言われている部屋で、露子女史の新聞取材を受けるというのは、よっぽどの因縁ではないか⁈と改めて思った。
 横で、故露子さんが見守ってくれているかのような気がしたわ?
ファイル 2019-3.jpg
 取材が終われば、御礼もかねて、(石上露子の一族)杉山家のお墓参りに行って、読経をして来た。
 ほんとに、不思議なご縁だ。

お寺の出前は、四国・香川県へ

ファイル 2018-1.jpg
昨日、香川県・東かがわ市の真宗興正派『正行寺』様に、ご法縁を頂き、高速バスで明石海峡大橋を越え、紙芝居法話に行ってきた。
ファイル 2018-2.jpg
 こちらは、地元の偉人『妙好人・讃岐の庄松さん』の故郷なので、『庄松さん』の紙芝居を持って行けば、さぞかし受けるだろうと思ったのだが、案外知らない人の方が多かった。(「地元の偉人とはそんなものですよ」と、ご住職が後でおっしゃっておられた。)
ファイル 2018-3.jpg
 こちらは、ご高齢の為、お参りに来られないご門徒さんの為に、ご住職と坊守さんが、自ら車で送り迎えをされているので、檀家を大切にするお寺だなと、大変感心した。
ファイル 2018-4.jpg
 そして、こちらのご住職は、武将ひげが良く似合うダンディで気さくな人柄のお方だった。
 時間があれば、もっとおしゃべりが出来たのに、日帰りで残念!
ファイル 2018-5.jpg
 門徒さんが作って下さった[昼食(お斎)]、手作りの讃岐うどんと新米のおにぎりを頂いた。美味しかったです!
 『正行寺』の皆様、大変お世話になりました。有難うございました。合掌

特養老人施設「白寿苑」でのお彼岸[永代経法要]

今年も、特養老人施設「白寿苑」で、秋の彼岸法要を行った。
ここの施設とは、もう23年間のお付き合いになる。
ここの施設から、僕の紙芝居法話が始まった。いわば、思い出深い場所だ。
今年も、施設内で、この一年で亡くなられた方の永代供養の読経を挙げ、紙芝居法話を職員さんや入所者の方、又亡くなられた方の家族さんに見てもらった。
今年の物故者は26名。少ない方だ。
が、白寿苑の過去帳がまた、一冊増えた。合掌

絵本『石上露子物語』、出ました!

ファイル 2016-1.jpg

 絵本『富田林の明星派歌人 石上露子物語』が出ました!
 文は、作家・奥村和子さんが書かれ、
 挿絵は、私が描きました。
 これは、歌人・石上露子(いそのかみ・つゆこ)の波乱の生涯を描いた童話です。
 [富田林市文化振興基金助成事業]として作られました。
 この本は、富田林市を中心とした、小中学校や図書館などに配布されることになります。又、一般書店からは、来年の春に売り出されることになるということです。
 南河内を越えて、近畿いや日本中にこの本が広がれば良いのになと思います。‥夢ですが。