記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「実録 稲むらの火 (津波編)」 中編

ファイル 668-1.jpg
「おーーい、みんなー、山の神社へ逃げろー!
 津波が来るぞー、すぐに逃げろー!」
 と、浜口梧陵(ごりょう)は声を嗄らしながら、皆に声をかけて回りました。
 「ホントじゃろうか?・・津波はホントに来るんじゃろうか?」 と、村人達は半信半疑ながら、取り合えず、山の上の神社へと避難することにしました。
ファイル 668-2.jpg
 「よーし、どうやら皆、避難したようじゃ・・」
 と、静かになった村の中で、梧陵はそうつぶやきました。
 その時です。
 ドーン、ドーン!と、不気味な音が沖から聞こえ、又、ピカピカッと、カミナリが鳴りました。
 梧陵がおそるおそる後ろを見ると、ゴーッ、ゴーッと、大津波が押し寄せて来たのです。
 「しまった!逃げそびれた」と、梧陵はつぶやきました。
ファイル 668-3.jpg
 津波は梧陵を呑み込みました。
 ・・が、運よく、梧陵は大木の枝を発見し、必死でそれにつかまりました。
 ザザーン、ザザーン、ザザーン・・・と、やがて、潮は引き始めました。
 こうして、梧陵は命拾いしたのでした。
ファイル 668-4.jpg
 一方、山の上の神社では、多くの人でごった返しておりました。
(村人A)「それにしても、凄い津波じゃったなぁ・・。」
(村人B)「梧陵の旦那さんの言う事を聞かんかったら、わし等は今頃、海に流されとるとこじゃった。」
(村人C)「そういや、梧陵の旦那さんは、大丈夫だったんじゃろうか?」
 その時です。
 「おーーい、みんなー、わしは大丈夫だぞー!」と、梧陵はずぶぬれになりながら、石段を駆け上がって来ました。
ファイル 668-5.jpg
 こうして、ようやく神社で一休みする事ができた梧陵は、村人達に尋ねました。
 「・・それで、皆は全員無事か?」と。
 すると一人の村人が、「それがのぉー、まだ行方不明の者が何人もおりまして・・・。おそらく、海へ家ごと流されたと思われますだ。」と答えました。
 それを聞いて梧陵は、
「何!では今頃、海を彷徨ってるかもしれん。・・この暗さだ、北も南もわからんで、ボーゼンとしとるかもしれん。
・・よし、わしに松明(たいまつ)を貸してくれ!
 そして、わしに何人か、続いて来てくれ!」と、言って駆け出しました。 つづく 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/668

トラックバック一覧