記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「洪庵のたいまつ」 その1

ファイル 485-1.jpg
 〔緒方洪庵〕は、今の岡山県〔足守〕という所で生れました。
 父は〔藩〕の仕事をする武士でした。
(洪庵)「父上、私は医者になりたいと思います!」
 十二歳の時、突然〔洪庵〕は、父親に言いました。
 しかし、父は嫌な顔をしました。
(父)「武士の子は、どこまでも武士であるべきだ!!」
 父は〔洪庵〕を立派な武士にしたかったのです。
 ・・では、なぜ〔洪庵〕は、それほどまで〔医者〕に成りたかったのでしょうか?
 それは・・、
ファイル 485-2.jpg
 〔洪庵〕が子供の時、岡山の地で、《コレラ》という病気が凄まじい勢いで流行しました。
 人が嘘のように、ころころ死んだのです。
 〔洪庵〕を可愛がってくれた隣の家族も、たった四つ日間の間に、みんな死んでしまいました。
 又、当時の《漢方医術》では、これを防ぐ事も治療する事も出来ませんでした。
(洪庵)「私は医者になって、是非人を救いたい。そして出来るなら、漢方ではなく、オランダの医術《蘭方》を学びたい!」
 〔洪庵〕は人の死を見ながら、こう決心したのでした。 つづく

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/485

トラックバック一覧