記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『無症状感染者 チフスのメアリー』(その5)

ファイル 2116-1.jpg
隔離されて三年近く過ぎた。
 裁判にも負けたメアリーだったが、[衛生局]の中にも彼女に同情する声があり、
『今後、一切[料理]の仕事をしない。そして居住地をいつも明らかにしておく。』という、二つを守れば解放しても良い、という[誓約書]が出された。
 メアリーは、その誓約書にサインをした。
 そして彼女は、三年ぶりにニューヨークの街に帰ることが出来たのだった。
 ・・それから、五年が経った。
ファイル 2116-2.jpg
 ある日、ニューヨークのとある産婦人科病院で、腸チフスの集団発生が起きた。
 医師・看護師など、医療スタッフ25名が感染し、内2名が亡くなった。
 事態を重く見た[衛生局]は、調査に乗り出した。
 「チフスは出来るだけ早く、感染源を突き止める事が大切です。‥新しく入ったという料理人はいませんか⁈」と、以前、メアリーを捕えた女性の衛生士が、病院の調理室に入ってみると・・・、
ファイル 2116-3.jpg
 なんとそこには、名前を変えて、調理しているメアリーがいたのだった。 
 「メアリー!あなただったの⁉でもなぜ、誓約書までサインしたのに‥⁉」
 「あー、見つかってしまった。
 ・・私も最初は、洗濯ばかりの仕事をしたの。でも、生活が苦しくて、苦しくて・・。私には料理しかなかったのよ・・。」
 そして、その場で彼女は拘束され、再び、隔離病棟の島に送られることになったのである。つづく
 
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2116

トラックバック一覧