記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

ダニエル・デフォーの小説『ペスト』、拝読しました

ファイル 2088-1.jpg

 イギリスのダニエル・デフォーが著した長編小説『ペスト』(カミュの同じ題名の作品ではない)をようやく読み終えました。
 このお話は、著者風の人物が主人公で、(今から350年前の)イギリス・ロンドンを舞台に[見えない悪魔(ペスト菌)]の突然の襲来に、人間としてどう生きるのか⁈をテーマにした(人間群像劇風)ドキュメンタリー小説です。
 それは、コロナウイルスで「何をすれば良いのか?」と苦しむ今の我々に、正に指針を与えてくれるような内容である。
 この17世紀の作品の資料をようやく集めた。
 後はわかりやすく紙芝居にします。乞うご期待!
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2088

トラックバック一覧