記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『山伏・弁円(べんねん)と親鸞聖人』(その4)

ファイル 2084-1.jpg
「ここか⁉親鸞の居る[稲田(いなだ)]の草庵は・・。」とワシはあやつの寺に到着した。
 「もし、親鸞という男がおどおどした態度を取ったり、へらへらしたような感じがしたら叩き斬ってやる!・・又、裏からこっそり逃げようとしたら、この弓で射殺してやる。」とワシは中に入った。
 「たのもう!親鸞と申す御方はおられるか!」とワシは大声で叫んだ。
 すると中から・・、
ファイル 2084-2.jpg
 「何や⁉用事ですか?・・わしが親鸞や。」と声がした。
 そう、この男が親鸞だった。
 親鸞は堂々と出て来て、ワシをじっと見つめて言った。
「お前さん、山伏さんやな。わしを殺しに来たんか⁈顔見たらわかるで・・。まぁええ、中に入りなさい。
 仏に仕える者同士。まぁ、話しあってからでもエエやろ⁈わしを斬るのは⁈・・」と言った。
 ワシはこの言葉を聞いて度肝をぬかれた。つづく

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2084

トラックバック一覧