記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『悲しき阿修羅(アシュラ)』(その4)

ファイル 1926-1.jpg
が、帝釈天は『チカラの神』です。
 巨大な軍団を持っています。
 いくら正義を掲げる阿修羅軍が挑んでも、ビクともしませんでした。
 それでも、阿修羅は可愛い娘を取り返そうと、戦い続けました。
 何度も何度も・・、負けても負けても。
 追い払われても、追い払われても、彼は『怒り!』挑み続けたのです。
ファイル 1926-2.jpg
 やがて阿修羅は、帝釈天の調略にはまり、須弥山の頂上から水深18万キロの海の底に追い落とされたのでした。
 これ以後、阿修羅の城は海の底になってしまいました。
つづく
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/1926

トラックバック一覧