記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『悲しき阿修羅(アシュラ)』(その2)

ファイル 1923-1.jpg
遥か昔のお話。
 ここは宇宙の中心にある[須弥山(しゅみせん)]です。
 その高さ、8万由旬(80万キロメートル)=[地球の大きさの約60倍]あると云われたこの山に、
[力の神]といわれた『帝釈天(たいしゃくてん)』や、
[正義の神]といわれた『阿修羅神(アシュラしん)』が住んでいました。
ファイル 1923-2.jpg
 力の神と呼ばれる『帝釈天』は、その名の通り、大変力の強い神でした。
 そして、この物語の主人公『阿修羅神』は、不正を許さず、間違ったことの嫌いな正義心の強い神でした。
 二人は仲が良いことで有名で、よく一緒にお酒を飲み食事などをとっていました。
ファイル 1923-3.jpg
 阿修羅神には、一人の美しい娘がおりました。
 父の阿修羅神は、それはその娘を可愛がっておりました。
 そんなある日のことです。
 その娘は、森に散歩に出ました。
 その時です。 つづく

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/1923

トラックバック一覧