記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

今年、制作予定の紙芝居

 今日は、今年制作予定の『紙芝居』を書く。
 あくまでも、予定である。
 ・・いつ気が変わって、取り止めにするか?はたまた完成までに、5年ぐらい掛かるか・・?。それはまったく分からない。・・が、一応、今の僕の頭の中にある制作計画である。
 まず、地元の偉人・学者型外交官『高向玄理(たかむこのくろまろ)』の生涯を描いた『黎明のくろまろ』。
 この作品は、おそらく春までに完成するだろう・・と思う。
 そして、下書きがすでに完成している小泉八雲の短編『常識』。・・これは、僕の好きな(常識って何やろう?反社会派オカルト)作品である。
 そして、おなじみ宗教作品は、『蓮如上人の最も長い一日、長禄元年六月十七日』という、本願寺宗主八代目を継がれた日の[蓮如上人]のたった一日の流れを描いたドラマチックなお話。
 妙好人では僕の好きな『妙好人 赤尾の道宗』も作りたい。
 又、今年は無理かもしれないが、二部作にして前編『本願寺三代目 覚如上人』と後編『覚如上人と存覚上人・終わりなき親子の葛藤!』を企画している。
また、他宗では、真言宗と念仏の融合を考えられたお坊さん「懺悔の聖人 覚鑁上人」を計画している。
又、現代物では、サントリーの創業者[鳥居信治郎]の信仰を描いた『(仮題)鳥居信治郎とハチャメチャ信仰!』も企画している。
 さて、どこまで出来るかな・・?

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/1661

トラックバック一覧