記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『杜子春(トシシュン)』 (その1)

「芥川龍之介の代表作は何?」と聞かれたら、『蜘蛛の糸』とおっしゃる方が多いだろう・・。
 が、僕はこの『杜子春』を挙げたい。
 僕はこの作品が大好きだ。
 中国の古典『杜子春伝』を基にして書かれた、この芥川児童文学。 原典とはちょっと違ってハッピーエンドで終るところが僕は好きなのだ。
 では、「原典の中国作品の終り方はどうなっているのか?」って・・?。結構エゲツナイ!・・が、それは又別のお話・・。とりあえず、今回は芥川作品の「紙芝居」の始まり、はじまりー
ファイル 404-1.jpg
 ある春の夕暮れです。
 中国の都〔洛陽〕の西の門の下で、ぼんやりと壁にもたれている若者がおりました。
 若者の名は〔杜子春〕といい、仕事は無し、食べ物は無し、この上は、川にでも身を投げて死んでしまおうかと悩んでいたのです。 その時、突然・・、
ファイル 404-2.jpg
「お前は何を考えているのか?」と、一人の老人が現れて声を掛けました。
「・・私ですか。私は今夜、寝る所も無いのでどうしたものかと考えているのです」と、杜子春が答えると、その老人は、
「そうか、それは可哀想だ。・・ではワシが良い事を教えてやろう。 今、この夕日の中に立って、お前の影が地に映ったら、その頭の所を夜中に掘ってみよ。 きっと車に一杯の黄金が埋まっているはずだから。」と言いました。
「本当ですか!」と、杜子春。
 その夜、老人に言われた通り、地を掘ってみると、その言葉通り黄金が山ほど出てきたのでした。
 こうして杜子春は、一夜の内に〔洛陽一の大金持ち〕になったのでした。
ファイル 404-3.jpg
「やぁ、杜子春さん。いつもご馳走になって悪いねぇ・・。私たちは、ここへ来るのが一番の楽しみなんだよ。朝、昼、晩、あなたの顔を見ずにはおられんのさぁ。わっはっはっ」と、杜子春の家には連日お客さんの山。
「どうぞ、どうぞ、ご自分の家だと思って、いつまでも、お好きなようにしていて下さい」と杜子春。
 お酒も食べ物も、飲み放題、食べ放題・・。
 これではいくら杜子春が大金持ちでも、続きっこありません。
 こうして、やがて三年目の春には、又、元の一文無しに杜子春はなってしまいました。 つづく
 
「(黄金の)ご利用は計画的に・・」by○○金融CM

コメント一覧

らむね 2009年11月11日(水)07時12分 編集・削除

わあい、紙芝居待ってました。お話大好き。「杜子春」の原典が読みたくなってしまいました(笑)。

カンネン亭 2009年11月11日(水)11時45分 編集・削除

らむね様

是非、唐代伝奇:李復言の「杜子春伝」の一読をオススメします。
 ひょっとしたら、芥川作品よりも深いかも・・・。
 又、仙人大好き人間の方には、佐藤春夫氏の「仙道」もオススメです。
 どちらも『天地人』の〔愛〕より、内容が深~いですよ!
 

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定