記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その8)

ファイル 2059-1.jpg

千栄子さんは【映画女優】になりました。
 が、彼女は映画会社の給料未払い騒動に巻き込まれて、一度映画界から足を洗います。
 そして昭和5年。この時期にのちに夫となる喜劇役者兼、劇作家の[二代目]渋谷天外(しぶやてんがい)に出会います。
 天外達、喜劇団の仲間たちは「松竹家庭劇」、(のちの「松竹新喜劇」)をつくり、千栄子もそれに加わり、女優業を再開するのでした。
 そして、彼女は喜劇団の看板女優兼、座長の妻として、20年間夫を支えてゆくのでした。
 が、しかし。つづく

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定