記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その6)

ファイル 2057-1.jpg

千栄子さんは、京都で『カフェバー』に就職しました、
 カフェバーというのは、今のキャバレーのようなもので、綺麗な着物を着てお化粧をして、お酒を勧める華やかな世界でした。
 こういう世界は、人間の欲望がいっぱい渦巻いています。
 本来まっすぐな性格で田舎者の彼女は、こうゆう世界が嫌いでした。
 が、彼女はここでも、後年お芝居に役立つ人間観察の勉強をいっぱいしたそうです。
 それでも、この仕事が嫌でたまらなくなって来た時、カフェバーの友達の紹介で彼女はお店を辞めて、興味のあったお芝居の世界が広がる、小さな芸能プロダクションへ、試験を受けて入ります。 
 当時、水商売から芸能界へ入る人が多かったのです。つづく

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定