記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『阿弥陀経の話(ダイジェスト版)』(後編)

ファイル 2066-1.jpg
「舎利弗(しゃりほつ)よ、極楽にはいろいろな珍しい鳥がいる。
 上半身が人間で、下半身が鳥の迦陵頻伽(かりょうびんが)]。又、頭が二つある[共命鳥(ぐみょうちょう)]。又オウムや白鳥などもいる。
 この鳥たちの声は雅(みやび)で、徳があり、悪を破る力があるのだ。」
ファイル 2066-2.jpg
「舎利弗よ、そなたはなぜ、極楽浄土の主が『阿弥陀(あみだ)』と呼ばれているかわかるか? 
 阿弥陀の別名は『無量寿(むりょうじゅ)』または『無量光(むりょうこう)』という。
 それは、計り知れぬほどの長い寿命を持たれ、又さえぎること事の出来ない光を放たれているからそう呼ばれるのだ。阿弥陀とはそういう意味があるのだ。」
ファイル 2066-3.jpg
「舎利弗よ、極楽の国のすばらしさを褒め称える国はたくさんある。ここから東の国、又、南、西、北、下、上の国と、それぞれの国の仏たちが、『極楽はすんばらしい!是非行きたいと願いなさい!』と言っておられる。」
ファイル 2066-4.jpg
「舎利弗よ、この極楽浄土の仏の名『南無阿弥陀仏』と称えなさい。
 そうすれば、必ずお迎えに来てくださるからな。」と、お釈迦さまは言われました。
 このお話を聞かれ弟子たちは皆感動し、『南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)』と念仏し、合掌されたそうです。おしまい

紙芝居:『阿弥陀経の話(ダイジェスト版)』(前編)

ファイル 2065-1.jpg
昔むかし、お釈迦様はたくさんの弟子たちと、祇園精舎におられました。
 その時の弟子の数は1250人。いずれも偉いお方ばかりでした。
ファイル 2065-2.jpg
 それらの弟子たちを前にお釈迦さまは、長老の[舎利弗(しゃりほつ)]様を中心にお話を始められました。
ファイル 2065-3.jpg
 「舎利弗よ、ここから西の彼方、十万億土を過ぎた所にひとつの国がある。
 その国の名は『極楽浄土』というのだ。・・この国の名がなぜ極楽というのか?・・それは、この国に住むすべての者たちは苦しみがなく、ただ楽しみを受けるのみだからだ。
 そして、この国の主は『阿弥陀(あみだ)』という名で、今も国の中で説法をされているのだ。」
ファイル 2065-4.jpg
「舎利弗よ、この極楽の国の様子を説明しょう。
 この国は、すべて光り輝いている。
 金銀で出来た七重の垣根や並木。功徳を備えた池の水。又その池の底には金の砂が敷かれている。
 そして、池の中には大きな蓮の花が咲いている。
 青い花は青く、黄色い花は黄色く、それぞれに美しい光を放っている。そして、すべて清らかな香りを漂わせているのだ。」つづく

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その11:最終回)

ファイル 2062-1.jpg
 又、信仰家でもあった千栄子さん。
 彼女の人生そのものが(まるで関西版[おしん]のような)波乱万丈であったせいか、神仏のすがり、深く敬い、朝起きれば、毎日40分間も勤行をされていたとか。
 そして、その口癖が、「真心を忘れてはいけない」であったそうです。
ファイル 2062-2.jpg
 そして千栄子さんは、その晩年、京都の嵐山に自分の夢であった自宅兼料理旅館を持ちます。
 その自宅の庭には、竹林をつくりました。
 それは、子供の頃、自宅のすぐ側に竹林が
あり、唯一その中に隠れた時が心の安らぎを覚え、それを再現したかったからだそうです。  
 そう、彼女の中には(辛い思い出だけど)故郷の南河内の思い出がありました。
 その旅館の名前は[竹生(ちくぶ)]と名付けられました。
 昭和48年12月、この日も千栄子さんは懸命に働き、「ああ、疲れた」と言って床に入ったそうです。
 結果的にこれが最後の言葉になりました。
 浪花千栄子、行年66歳。病名は消化管出血でした。
 大阪のお母ちゃんと呼ばれた大女優は、今、京都の嵐山に眠っています。おしまい

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その10)

ファイル 2061-1.jpg
「浪花千栄子はドコに居るんや!・・このラジオ番組には絶対彼女やないとあかんのや!」と、
昭和27年、NHKデレクターは必死になって彼女を探します。
 そしてようやく見つけ出し、彼女を説得し芸能界に復帰させるのです。
 そして、始まったのがNHKラジオドラマ『アチャコの青春手帳』でした。
 このドラマで千栄子さんは、花菱アチャコさんのお母さん役を演じ、大ヒットします。
 さらに『お父さんはお人好し』で、アチャコさんと夫婦役を演じ大ヒット。これが長寿番組となり、映画化もされる事になります。
ファイル 2061-2.jpg
 こうして、大女優となった浪花千栄子さんは、映画界から引っ張りダコとなり、巨匠・黒澤明監督、小津安二郎監督等に起用され、お人好しの善人から悪女、さらに妖婆まで演じ分け、『ブルーリボン助演女優賞』を受賞します。
 又、テレビドラマにも多く出演。大河ドラマ『太閤記』、『楢山節孝』、『細うで繁盛記』などに出演して、名わき役を不動のものにするのでした。つづく

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その9)

ファイル 2060-1.jpg

夫・渋谷天外氏の不倫が発覚しました。(今も昔も変わりません)
 新人女優との間に子供が出来た事をきっかけに、千栄子さんは離婚を決意しました。(千栄子さんには実の子供が居なかったのですね。)
 そして、松竹劇団も退団します。
 この時、千栄子さん44歳でした。
「こんな苦労して、夫を支えてきたのに裏切られた・・、」と言い、失意の中彼女は嵐山の橋から飛び降りて死のうとします。
 がその時、バリバリバリッとけたたましい音と共に、バイクが後ろを通り抜けました。
 「はっ」と我に返った彼女は、又もや自殺を断念することになりました。(自殺の魔の刻をさけるとは、こんなものかもしれませんなぁ・・余談)
 そして、ひっそりと芸能界から姿を消したのでした。
(もう少し余談を・・。渋谷天外氏の事を、紙芝居を描くために何冊か本で調べたのだが、彼の半生も波乱に飛んでいる。同情する余地は多分にあるが、絶対彼の方が悪い。又、この時からの浪花千栄子さんの恨みは相当深いもので、この恨みはずっと続いていく・・。でも、この失意も彼女の芸風にいかされてゆくような気がする。) つづく

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その8)

ファイル 2059-1.jpg

千栄子さんは【映画女優】になりました。
 が、彼女は映画会社の給料未払い騒動に巻き込まれて、一度映画界から足を洗います。
 そして昭和5年。この時期にのちに夫となる喜劇役者兼、劇作家の[二代目]渋谷天外(しぶやてんがい)に出会います。
 天外達、喜劇団の仲間たちは「松竹家庭劇」、(のちの「松竹新喜劇」)をつくり、千栄子もそれに加わり、女優業を再開するのでした。
 そして、彼女は喜劇団の看板女優兼、座長の妻として、20年間夫を支えてゆくのでした。
 が、しかし。つづく

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その7)

ファイル 2058-1.jpg

千栄子さんは、小さな芸能プロダクションに入社しました。
 が、しかしこの芸能プロはすぐに倒産してしまいました。
 潰れる前に、そこの監督さんから「君はこの仕事に向いているよ」と言われ、『村田栄子一座』という旅回りの劇団を紹介されます。
 彼女は、そこでの厳しい稽古に懸命に励み、実力を付けてゆくのでした。
 が、やがて劇団の座長から推薦から、仕事は映画会社へと移り、千栄子さんは『映画女優』になってゆくのでした。
 ところで、『浪花千栄子』という芸名は、役者仲間の先輩から「あんた、大阪の女優さんやから、苗字を【浪花(なにわ)】にしたらどう?」と言われ決めたそうです。
 又、名前の【千栄子】は、先の旅劇団の師匠の名【栄子】から、一字をもらって【浪花千栄子】になったということです。つづく
 
 

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その6)

ファイル 2057-1.jpg

千栄子さんは、京都で『カフェバー』に就職しました、
 カフェバーというのは、今のキャバレーのようなもので、綺麗な着物を着てお化粧をして、お酒を勧める華やかな世界でした。
 こういう世界は、人間の欲望がいっぱい渦巻いています。
 本来まっすぐな性格で田舎者の彼女は、こうゆう世界が嫌いでした。
 が、彼女はここでも、後年お芝居に役立つ人間観察の勉強をいっぱいしたそうです。
 それでも、この仕事が嫌でたまらなくなって来た時、カフェバーの友達の紹介で彼女はお店を辞めて、興味のあったお芝居の世界が広がる、小さな芸能プロダクションへ、試験を受けて入ります。 
 当時、水商売から芸能界へ入る人が多かったのです。つづく

紙芝居:『ナニワの浪花千栄子女史』(その5)

ファイル 2056-1.jpg
浪花千栄子さん、17歳。
 又、運命が変わる時が来ました。
 それは、突然父親が仕出し弁当屋に乗り込んで来て、お店にいちゃもんを付けて、彼女を辞めさせて、今度は富田林の大きな材木商に(前金を自分がちゃっかり貰って)下働きに出したのです。(※この父親というのが、なかなか曲者の男なのですね)
 が、その材木商のご家族は、大変親切で良い人たちでした。 彼女は、そこで家族同然に大切にされます。
 特にお店の大奥さんには可愛がられ、ここで人の世の愛情や善意などを学んだそうです。
 そして、年季奉公も無事に終り(又、父親がお金をせびりに来る前に)に、彼女はひとりこっそり、あこがれの地『京都』へ旅立つのでした。
ファイル 2056-2.jpg
 さて、あこがれの地『京都』に着いたものの、知り合いもいません。
 そこで、口入屋(今の人材あっせんセンター)に行き、『カフェバー』を紹介してもらうのでした。
 カフェバーとは、今のキャバレーのようなものだったそうです。つづく

紙芝居:『南河内が生んだ大女優 ナニワの浪花千栄子女史』(その4)

ファイル 2055-1.jpg
 いつしか、浪花千栄子さんが仕出し弁当屋に奉公に来てから、8年が経とうとしていました。
 今では彼女も16歳です。
 ある日、弁当屋の主人に、お化粧をしたいと願いでたら、けんもほろろに「なんや、急に色気付きおって、どつかれんぞ!」と、罵声が飛んで来ました。
彼女は、あまりの悲しさに「死んでやる!」と、お便所に駆け込み、首をくくろうとしました。
 その時いつの間にか、いつも可愛いがっている猫が一緒に入って来て、ニャーニャーと彼女の裾を加えて離さないのです。
 「なんや、お前のせいで気が抜けたわ。死ぬのは今度にしょう。」と自殺は中止しました。
 余談ですが、この時、命を救ってくれた猫に感謝して、彼女は一生猫や生き物を大事にしたそうです。つづく

ページ移動