記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「黎明(れいめい)のくろまろ」(その5:最終回)

ファイル 1674-1.jpg
 時の天皇は、くろまろを呼び出して言いました。
「くろまろ、海の向こうの[新羅(しらぎ)]=(今の韓国)という国に行ってくれんか。
 彼の国の領土問題がこじれて、助けを求めておるんじゃ。
 行って、見て来てくれ。」
 と、くろまろを『遣新羅使(けんしらぎし)』として、派遣させました。
 一年後、無事、任務を終えて帰って来たくろまろに、又もや時の天皇は、
「くろまろ、今度は『唐』の国にいってくれ!」と、言われました。 
ファイル 1674-2.jpg
 「はっはい・・、わかりました。向こうの国には、まだ、私の知り合いもおりましょう。・・ヤマトの国の為、力を尽くしますまろ、まろろろろっ・・。」
と、今度は『遣唐押(おう)使』という、最高責任者となって、国どうしの難問を解決する為に、旅立ったのです。
・・がしかし、もう、くろまろは高齢で、この時心身ともに過労のため、限界にきておりました。
 無事、唐の国に到着し、長安(ちょうあん)の都で、皇帝に会い、仕事を果たしたのですが、・・その地で倒れて、そのまま唐の国で亡くなってしまいました。
 その年、西暦654年。・・推定で、くろまろは65歳前後でなかったか?と伝わっております。
ファイル 1674-3.jpg
 ・・考えてみますと、くろまろの一生は働き通しでした。
おそらく、10代の後半、留学生に選ばれて、たった一人で親元から離れ・・、
 そして海を越え、古代中国で、32年間に渡る勉強。
 帰国後は、その知識を生かして、日本の制度の改革に挑み・・、
 そして、日本の代表として、正々堂々と外国と渡り合い、平和を摸索し、交渉に命を注ぎました。
 正に、くろまろは、日本の夜明けの為に、生まれて来て仕事を果たしたと云って、間違いないでしょう。
 
 今、大阪は河内長野市の『高向(たこう)』という、くろまろの故郷に、その顕彰碑が建っています。 おしまい
ファイル 1674-4.jpg
(河内長野市:高向『くろまろの郷』)
ファイル 1674-5.jpg
(河内長野市:高向 河内長野市立『くろまろ館』)

 ※紙芝居制作にあたり、『くろまろ館』の館長様、学芸員さま、職員さま、マロン観光ガイドボランティアさま、いろいろとご指導とご鞭撻、資料提供、ご教授有難うございました。この場を借りまして、厚く御礼申し上げますマロ。合掌

紙芝居:「黎明(れいめい)のくろまろ」(その4)

ファイル 1673-1.jpg
「蘇我入鹿(そがのいるか)ー!、覚悟せよ」と、中大兄皇子は剣を抜き、振り下ろしました。
「ぐわぁー、やられたー」と、入鹿は倒れました。
 世に云う[乙巳(いっし)の変]です。
 西暦645年 蘇我入鹿は亡くなりました。
 そしてその後、[蘇我の一族]は滅びました。

 それから間もなく、皇子の家臣[中臣鎌足(なかとみのかまたり)]が、くろまろの所にやって来て言いました。
「後味の悪い終わり方でした・・。
 が、これで新しい国作りが出来ます。『大化の改新』です。
 くろまろ先生、制度の改革、そしてこの国の舵取りを、よろしくお願い致します。」と頭を下げたのでした。
ファイル 1673-2.jpg
 こうして、くろまろと、留学生の仲間の僧[旻(みん)]は、時の天皇より、『国博士(くにのはかせ)』という、日本国の最高顧問(スーパーアドバイザー)を任命され、日本政府組織の大改革に着手します。
 西暦649年 唐の国に習って『八省百官(はっしょう・ひゃっかん)』という、[省庁]の設置。
 又、農地の分け与え、税の在り方、兵役制度など、その後の日本の制度の基礎を作り出しました。
ファイル 1673-3.jpg
 が、くろまろは国の改革だけに関わって、いられませんでした。
 それは、外交官としての仕事が待っていたからです。 
 次回、最終回、・・つづくマロ

紙芝居:「黎明(れいめい)のくろまろ」(その3)

ファイル 1672-1.jpg
 やがていつしか、くろまろ達が、大陸に渡ってから[32年]が経とうとしていました。
 くろまろも、今や50才代。
 髭も髪も、白いものが増えておりました。
(余談だが、この留学年数の長さ、異常だと思いませんか?・・「あの~僕を忘れてませんか?・・いつまで、こっちにおらなあかんのですか?・・僕の青春を返せ!ぐれてやる、このまま蒸発してやる」と思わんかったんかなぁ?・・覚悟の上の留学やったと思うけど辛かったやろなぁ・・。)
 西暦540年 ついに、くろまろに帰国命令が来ました。
 「よーし、ついに来た!ついに来たまろ!ヤマトの国をより良い国にするまろぞ!」と、くろまろは夢を胸に、帰国船に乗り込みました。
・・しかし、その頃、ヤマトの国は大変な事になっていたのです。
ファイル 1672-2.jpg
 日本では、くろまろ達を留学生に推薦した[聖徳太子]はすでに亡く・・、
 家臣であった[蘇我入鹿(そがのいるか)]という豪族が、ヤマトの国を、我が物顔で支配していたのです。
 その[蘇我入鹿]は、聖徳太子の一族を攻め滅ぼして、自分が権力のトップに立とうとしていました。
 日本に帰って来たくろまろは、これを見ても、どうする事もできませんでした。
 この[蘇我氏]に対して、反旗を挙げたのが[中大兄皇子(なかのおおえのみこ)=のちの天智天皇]と、家臣の[中臣鎌足(なかとみのかまたり)]でした。
ファイル 1672-3.jpg
 「蘇我入鹿っ、覚悟せよ!」と、中大兄皇子は、剣を振り下ろしました。 つづくまろ
ファイル 1672-4.jpg
(古代酒『玄理(くろまろ)』(ちょびちょび飲みながら、この紙芝居を描きました)と、くろまろくん人形(「僕くろまろ、とっても気が長いんだまろ。32年間の海外暮らし、まるで帰国後は浦島太郎だまろっ」と、対話して遊びながらこの紙芝居を描きました」)

紙芝居:「黎明(れいめい)のくろまろ」(その2)

ファイル 1671-1.jpg
「うひゃ~、これが世界でも有数の大都市[隋]国か!僕等はここで、みっちり勉強するまろ。」と、くろまろ達一行は、隋国の門をくぐりました。
・・が、しかし、人は多い町でしたが、活気がありません。
 というのも、この国の皇帝は、わがままで残酷。人民の幸せを考えず、大土木工事やら戦争のやりたい放題し放題。
 民は泣いていたのです。
 そしてついに、堪忍袋の緒が切れて・・、
ファイル 1671-2.jpg
 家臣(けらい)中から、反乱が起こりました。
 そして、あっという間に、『隋』国は滅亡し、『唐(とう)』という国が誕生したのです。
 建国に喜び民衆は唄いました。『隋、ずい~、ずっころばし~、唐が来てちょん。皇帝追われて、とっぴんしゃん。負けたーら、唐とこしょ~』と。(・・嘘です。又、しょうもない事、書いてもうたぁ[反省!])
 (話を戻して、)それは、くろまろ達がこちらに来て、10年近く経った時の大事変でした。
ファイル 1671-3.jpg
 隋の国は滅びました。
 しかし、くろまろ達は日本へ帰国しませんでした。
 それは、この超大国の滅亡の原因と、新しい国の成り立ちの過程を、しっかり見ておけるチャンスだと思ったからです。
 くろまろは、新しい国の制度をしっかり学びました。
「うーん、何々・・。唐という国の仕組みは、『律令(りつりょう)制度』が基本になっているのかぁ。
『律』とは、人がしてはいけない事。
『令』とは、人が守らなくてはならない事。
 この制度が大事なんだ!
 これを、ちゃんと整備する為に、[役所]という所が必要なのだ。これを整備しないと、国は滅びてしまう。
 うーん、僕、いや私は、この制度を細かく勉強して、ヤマトの国に持って帰るぞ!」と、固く誓うのでした。 つづくマロ。
ファイル 1671-4.jpg
(河内長野市立『くろまろ館』内、ゆるキャラ[くろまろくん])
ファイル 1671-5.jpg
(河内長野市:高向(たこう)神社=高向氏一族の祖神を祀ったといわれている)

紙芝居:「黎明(れいめい)のくろまろ」(その1)

ファイル 1670-1.jpg 
 昔むかしの大昔、飛鳥の時代のお話です。
 名前を高向玄理(たかむこのくろまろ)という、一人の秀才少年が居りました。
 彼の故郷は、大阪は南河内の[高向(たこう)]という所でした。
 ご先祖様は、古代中国からの渡来人で、皆頭が良かったのですが、中でも[くろまろ(玄理)]はピカイチ!
 そんな噂を聞いて、時の大和(ヤマト)朝廷の代表である[聖徳太子]は、くろまろを呼び出しました。
ファイル 1670-2.jpg
 聖徳太子は言いました。
「くろまろっ、そして他七名。
 そなた達は、今から留学生として、[中国の]隋(ずい)という国へ行ってもらう。
 ・・知っての通り、隋国は、世界でも有数の先進国じゃ。
 その国で、そなた達は、色んなことを勉強して来て欲しい。
 このヤマトの国は、まだ[黎明(れいめい)]期じゃ。
 黎明とは、新しい時代の前の時期のことじゃ。
 つまり、夜明け前のことなのじゃ。
 そなた達は、勉強して新しい文化をこの国に取り入れるのじゃ!
 行けっ!遣隋使の留学生たちよ。」と。
 「ラジャーッ!」と皆は興奮して答えました。
ファイル 1670-3.jpg
 西暦608年。留学生と共に遣隋使一行は、日本を出航しました。
 「よーし、僕たちはヤマトの国の為に、外国の法律や制度、そして仏教の教えをしっかり学ぶマロ!」と、くろまろ達は意気揚々と、船の上で叫びました。・・つづくマロ
ファイル 1670-4.jpg
(河内長野市高向(たこう):高向玄理顕彰碑)

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その7:最終回)

ファイル 1656-1.jpg
 決戦は、兵庫の湊川(みなとがわ)という所で始まりました。
 ・・が、正成の予想通り、五百人の[楠木軍]に対して、十数万人の[足利軍]。
 海・陸からの大軍団には、とうてい勝てません。
 あっという間に、正成軍は総崩れ。
 最後の頑張りこそしましたが、足利軍に追い詰められ、弟の[楠木正季(まさすえ)]と共に、一軒の民家に逃げ込みました。
(正成)「弟よ。わしらは精一杯やった。・・が、もはや、これまでや。いさぎよく、自刃しょう。・・又、あの世で会おな・・。」
(正季)「はい、兄上。」
 と、二人は自刃し果てたのです。
 楠木正成、享年43歳。・・正式に歴史の中に登場した期間は、わずか7年間でした。
 正成の首は、尊氏の計らいで、河内の妻子の元に届けられたと伝わっています。
ファイル 1656-2.jpg
 そして時代は巡り、足利尊氏が天下を取った[室町時代]を経て、安土桃山、徳川時代になりました。
 その[徳川時代]中期。
 天下の副将軍[水戸光圀]公こと、水戸黄門さまが、荒れ果てた[湊川]の正成のお墓を発見し、建て直そうとされます。
 そして、お墓に自筆で『嗚呼、忠臣楠子(なんし)之墓』と記し、
(黄門さま)『良いですか・・助さんも聞きなさい、格さんも聞きなさい。主君に忠誠をささげた正成公は、人間の鏡ですぞ。すべての武士は、正成公の精神を見習うべきですぞ。かっかっかっかっ(笑い声)。』と言われました・・さ。
(黄門さまは、正成の大ファンだったのですね。)
ファイル 1656-3.jpg
(神戸:《湊川神社》内、楠木正成の墓)
 のち、この言葉に感銘を受けた、坂本龍馬・吉田松陰・西郷隆盛等、幕末の志士たちは、このお墓にお参りしパワーをもらい(?)明治維新を築く原動力となっていったそうなのですが、・・その活躍は又、別のお話。
 これにて、紙芝居はおしまい。
ファイル 1656-4.jpg
(お墓の横に建つ[水戸光圀]像)
(うっかり八兵衛)「ご隠居~、お腹が減りました~。」
(黄門さま)「おまえは、そればかりじゃのう。・・では、皆さん、湊川神社の前の和菓子屋さんで、名物の菊水饅頭でも食べましょうか?」
(みんな)「はいっ!人生~、腹減りゃ、菓子あるさ~。」
ファイル 1656-5.jpg
(皇居前の楠木正成像)
 おわり

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その6)

ファイル 1655-1.jpg
(帝)「正成、逆臣[足利尊氏]をやっつけてくれ!」と、後醍醐天皇は、正成に頼み、一時は尊氏を九州に追い払うことに成功しました。
 ・・が、しばらくすると、尊氏は九州の武士たちを皆、家来にして、今度は都に向って逆襲して来ました。

(帝)「正成、何とかせえ!尊氏をやっつけよ。」と、後醍醐天皇は、又、正成に命じたのでした。
 しかし、正成は、じっと考えて次のように言ったのです。
(正成)「帝、尊氏と仲直りしてください。・・それが出来ないようなら、今度の戦さ、勝てまへん。」
(帝)「なぜじゃ、正成⁈」
(正成)「・・一度、負けながら、皆が家来になって付いてくるというのは、尊氏が万民の心を掴んでいるという事でおます。・・万民の心には、・・勝てまへん。」と言いました。
 しかし、正成の意見は却下されました。
 
 こうして正成は、九州から大挙して帰って来る尊氏軍に立ち向かうことになりました。
ファイル 1655-2.jpg
 その京の都から、兵庫(今の神戸)へ向かう途中でのこと。
 [桜井]という場所で、陣中の息子の《正行(まさつら)》を呼びました
(正成)「息子よ、お前はここから[河内]の国に帰れ。
 ・・今度の戦さ、どう考えても勝目はない。味方が集まらん。・・時勢が解っているのか、大半の仲間が去ってしもた。
・・おそらく、今度の戦さで父は死ぬと思う。
 お前は、こんな戦さで死んだらあかん。
 生きて故郷に帰って、母や弟を助けよ。そして、大きく成長して力を付けるんや。そして、これからどう生きたらベストかを、自分でよく考えるんや。・・わかったな。
 ・・残念やけど、しゃあない。これしか無かったんや、父の選択は・・。
 エエか、これは父の命令じゃ!」と言って、涙を浮かべながら、息子と別れたのでした。 次回最終回、つづく

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その5)

ファイル 1654-1.jpg
・・が、しかし、『これで平和の世が来る』と、安心したのも束の間、
 又、暗い影が押し寄せて来ようとしておりました。
 それは、天皇・公家中心の新しい時代の到来と、《建武の新政》と名付けられ『新政権』が生まれたのですが・・、
 何分、長年[政治]を取ったことのない(野党・・ちゃうちゃう⁈)公家たちでしたので、前より重い税金を万民に命じ、自分達はやりたい放題、し放題。
 有頂天な気持ちで、おごってしまったのでした。(昔の話と思えまへんなぁ・・)
 これで又もや、万民の心は新政権から離れてしまったのです。(どえらい昔の話とは思えまへんなぁ・・もうええか(笑))
 そんな皆の不満の気持ちを一身に引き受け、天皇とその政権に逆らった武将。・・それが、足利尊氏でした。
ファイル 1654-2.jpg
 尊氏は、新政権への不満の多かった武士たちの代表として、天皇・公家政権に戦さを仕掛けてきたのです。
 公家たちは、大わらわ!
 すぐに『くっくっくすのき、正成を呼べ!』という事になったのでした。つづく
ファイル 1654-3.jpg

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その4)

ファイル 1653-1.jpg
 幕府の滅亡は、あっという間でした。
 足利(高)尊氏軍が京都を攻め、尊氏の親戚の新田義貞軍が、鎌倉幕府を攻め滅ぼしたのです。 
 こうして、150年続いた[鎌倉幕府]は潰れました。
 島流しになっていた後醍醐天皇は、島を脱出。 
 意気揚々と京の都に還って来たのでした。
帝「正成、すべてお主のお陰じゃぞ。朕は感謝する!」
正成「はい、帝。これで万民が安心して、重い税に苦しまず、平和に暮らせる世が来ます。」と、正成は頭を下げて涙ぐむのでした。
ファイル 1653-2.jpg
 戦を終え、河内の国に帰って来た正成は、皆に言いました。
「この戦で、たくさんの犠牲者を出してしもうた。・・攻めて来た者も、守った者も、皆、亡くなればホトケや。
 わしは、すべての者の供養をしたいと思う!」と、
 味方だった者のお墓=『身方(みかた)塚』。
 敵であった塚のお墓=『寄手(よせて)塚』を造り、手を合わせました。
 これは小さい頃、正成が[観心寺]というお寺で、仏教の精神を学んだことが、動機であったのかもしれません。 つづく
ファイル 1653-3.jpg
(寄手塚=敵塚と言う名前ではないのが良いと思う)
ファイル 1653-4.jpg
(実際は、二つの塚は隣り同士にはなく、7~8mは開いている)
ファイル 1653-5.jpg
(身方塚: 実際に、正成が二つの塚を造ったかどうか?は(地元では)疑問視されている。石の材質が、どうやら違うらしいので・・、でもそんなの関係ねぇ。正成の心の優しさは本物だと思うのです。)

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その3)

ファイル 1652-1.jpg
(赤坂城から見た金剛山。正成はこの山に千早城を築いた)
 ・・余談であるが、
 なぜ?楠木正成は、後醍醐天皇に(そこまで)忠義を尽くしたのか?
 この紙芝居を描きながら、ずっと考えていた。
 一説によると、正成は小さい頃、観心寺というお寺で学問を習った。
 住職から『日本の国は本来、天皇を中心とした国であった。そこに平和があった。だから、民は天皇に対し、忠誠の気持ちを持たねばならない。』と教わった。
 もう一つの説は、楠木の一党は、水銀流通の商売をしていた。その莫大な利権を、幕府に盗られそうになった。だから、天皇側に付いてその利権を護ってもらおうと思った。
 このような説があるのだが、はっきりわからない。
 この紙芝居では、正成の心情をはっきりと描いていない。
 ただ、勧善懲悪的なヒーローとして描いている。
 ひょっとすると、正成は政治的な複雑な心を持って活動したのかもしれない。
・・が、この紙芝居では『(天皇を中心として)平和な未来を夢見た、根性ある中年のおっさん』として描いたつもりだ。・・まるで、下町大阪の町工場で、頑張る奮闘社長伝を書くつもりで描いた。
 うちの寺から、わずか10分ぐらいで、正成が活躍した舞台の地があり、その地を何度も取材をしながら、「正成さん、なんでそこまで頑張んねん?いったい、何を考えていたの?」と問いながら、結局何も解らず、描き終わってしまった事を少し後悔している。・・これは今後、この紙芝居を演じながら考えてみようと、自分に宿題を出したのであった。・・余談終わり。
ファイル 1652-2.jpg
 赤坂城での戦いから、一年が経ちました。 
 やがて、再び正成の立ち上がる時がきました。
 彼は、少ない兵力で幕府軍を攻撃し、すぐに逃げて、今度は赤坂城よりも、奥まったところに造った[千早城]に籠ったのでした。
 カンカンになって怒った幕府軍。
 前の四倍の八万人の兵力を動員して、城を攻めてきました。
 しかし、前と同じ、正成軍は村人たちと連携し、ゲリラ作戦を展開。
 幕府軍を、またまた悩ませるのでした。
 そうしている内に、攻める幕府軍の中から、[足利尊(高)氏]率いる、超強力な兵力を持っている一軍隊が、裏切って、楠木・天皇側に味方し始めたのです。
 正に、正成の予想通りの展開でした。 つづく

ページ移動