記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その7 最終回)

ファイル 1757-1.jpg
 そして、「これ以上、お山を混乱させないようにしなければ・・。」と高野山を下りられるのです。
 そして、紀州(和歌山県)の『根来(ねごろ)』という所に、移住されます。
 ・・が、ここでも、様々な争いは止みませんでした。
 「大日如来様のような仏様みたいに、私は成りたい!」と思われた覚鑁上人は、果たして、この状況をどんな目で見られたのでしょうか?
ファイル 1757-2.jpg
 そして根来の地で、覚鑁上人は、風邪をこじらせ、やがて49歳の若さでお亡くなりになります。
 おそらく、肉体も精神も、ボロボロの状態になっていたのではないでしょうか⁉・・たとえ、悟りを開かれていたとしても。
ファイル 1757-3.jpg
(根来寺)
 宗教界の風雲児、空海の再来、とまで言われた『興教大師 覚鑁』上人。
 そのお墓は、現在も『根来寺』にあります。
ファイル 1757-4.jpg 
おしまい
 
余話として~
 当時、覚鑁上人の熱烈なファンであった《鳥羽天皇》が、覚鑁さまに『高野山に帰れー!お前は高野山に必要なんだぞー!・・かくばーん、カムバッーク!』と叫ぶのですが、
 覚鑁さまは『夢の中は、夢もうつつも夢なれば、覚めなば夢も うつつとしれ。』という歌を一首だけ、お返しになり、高野山には戻りませんでした。
 この歌の意味は、いろんな説があるのですが、私はこのように味わいました。・・間違っていたらすみません。

『悟りを開いたのちも、現実でやっちゃった事の、果報は受けねばならないのだ。・・私は今、その果報を受けている。これは、しかたがないのだ。』

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その6)

ファイル 1756-1.jpg
「何という事だ!お山にとって善いと思ってした事が、かえって高野山を二つに割ってしまった・・。仏様、お大師様、申し訳ありません・・。」と、覚鑁上人は反省を繰り返し、今度は『密厳院』というお堂に籠られ、千日間の[無言の行]に入られました。
 そして、その行の最後に有名な『密厳院(みつごんいん)発露懺悔文(ほつろさんげもん)』を書かれるのです。
 少しだけ中身を述べますと・・、
『我々は懺悔します。・・多くの罪を作っています。・・行動と、言葉と、心の働きは数えきれない程、良くない行いを犯しました。・・私はすべての人々に代わって、ことごとく懺悔します。』というような文が続きます。(お坊さんは一読有りです)
 清らかな心の悟りを開き、高野山のトップに立ち、長年の夢であった、弘法大師のような最高指導者になったものの、良き指導者になることが出来なかった悲しさと、そして上人の心の純粋さが文面からにじみ出ています。
ファイル 1756-2.jpg
(根来寺 覚鑁上人の墓) つづく

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その5)

ファイル 1754-1.jpg
 その結果、覚鑁上人は、わずか二か月間で、両方の座主の座を辞任してしまわれます。
 そして、お不動様のお堂に籠ってしまいます。
 この時、反対勢力と戦う方法もあったと思われますが・・、あえて御山(高野山)での戦さを避けられるのです。
 そして、もう一度(なぜ、こうなったのか?と)しっかり、自分自身を見つめ直す道を選ばれたのでした。
・・がしかし、覚鑁暗殺団の僧兵たちは、武装してお堂の中に乗り込んで来ました。
「覚鑁はどこじゃ!見つけ次第、殺してしまえっ!」と。
ファイル 1754-2.jpg
 僧兵たちは、槍や刀を持って、お不動様のお堂に入って来ました。
 「おかしいなぁ・・。先ほど、覚鑁らしき坊主の姿が見えたのに、どこにもおらんぞ⁉ 
 あっあれを見ろ!不動明王が二つある!・・覚鑁め、不思議な術を使いおって、お不動さまの仏像に姿を変えたに違いない! おい、槍で突いてみろ!・・血が出た方がきっと覚鑁じゃ!」と、僧兵たちはお不動さまを、槍で突き刺しました。
 すると、不思議なことに、両方のお不動様から血が飛び散りました。
 「やっやっ、これはいかんっ!不動明王の罰をくらうぞ!皆の者、引けい引けいっ!」と(吉本新喜劇みたいに)逃げ出しました。
 こうして、覚鑁上人は命拾いしました。
 これは有名な、覚鑁上人身代わり不動尊(きりもみ不動)の伝説です。つづく
 

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その4)

ファイル 1753-1.jpg
 覚鑁は、高野山で厳しい修行に打ち込み、様々な行を成就してゆきます。
 そして、わずか40歳で《金剛峯寺座主》、新たに建立した《大伝法院座主》に就任し、『弘法大師の再来』と呼ばれ、最高権力の座に登り詰めました。
ファイル 1753-2.jpg
 そしてさらに、当時もっとも流行していた[浄土信仰]も、真言宗密教に取り入れるのです。
 覚鑁上人は言います。
「浄土に居られる阿弥陀如来様は、真言宗の大日如来様を中心としたマンダラの中に居られる。だから南無阿弥陀仏の教えも、突き詰めれば、真言密教の教えの一つなのだ。つまり同じものなのである。我々も念仏者と一緒に庶民の中に入り、人助けの為の活動をしようではないか。」と。
ファイル 1753-3.jpg
 が、しかし、彼のあまりにも急いだ大きな高野山改革に、御山の僧侶たちは大反発、「覚鑁はとんでもないことを言いよる坊主じゃ!」と、覚鑁上人の命を狙い、排除しようとするのでした。つづく
ファイル 1753-4.jpg
(高野山)

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その3)

ファイル 1752-1.jpg
 弥千歳麿は、お兄さんにその事(=父ちゃんカッコ悪いー!って事)を話してみました。
 お兄さんは言いました。
「そりゃ、父上は肥前の国では強くて権力を持っておられる。・・しかし、都のお役人の方が、父より偉いんだよ」と。
 それを聞いて「じゃあ、都の役人が世の中で一番強いんだね?」と言うと、
 兄さんは「違うよ。お役人よりもっと偉いのが天皇さまだよ」と言いました。
 弥千歳麿は「じゃあ、天皇様が一番偉いんだね」と言うと、兄さんは「それも違う。・・天皇様より偉いのが、うーん⁉お寺の仏様っ、うちの宗派だと[大日如来]様が一番偉いのさ。」と言いました。
 すると弥千歳麿は、「兄さんっ、僕は大日如来さまのようになりたい!」と叫んだのでした。 
ファイル 1752-2.jpg
 やがて父が亡くなり、弥千歳麿は、出家することになりました。
 『僕は大日如来さまのように、きっとなってみせる!』と、彼は猛勉強し、京都の仁和寺で出家得度したのでした。
 彼のお坊さまとしての名前は《覚鑁(かくばん)》でした。
 やがて、覚鑁は修行する中で、悟りを開かれた(ある意味、大日如来のようになられた)《弘法大師空海》にあこがれ、20歳で高野山に上がり、さらに熱心に修行に励むのでした。 つづく

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その2)

ファイル 1751-1.jpg
 ・・覚鑁上人。
 幼い頃は、弥千歳麿(やちとせまろ)と呼ばれていました。
 彼は、九州の[肥前の国]=(今の佐賀県)に生まれました。
 父は地方豪族の追捕使(ついぶし)。[今の警察庁長官]で、海賊などをビシバシ捕まえる凄腕であったそうです。
 「父上は凄い!かっこいい!」と、弥千歳麿は大変、父を尊敬しておりました。
 ・・が、しかし、
ファイル 1751-2.jpg
 弥千歳麿は見てしまったのです。
 ペコペコ頭を下げて、カッコ悪い父の姿を。
 それは、父の上役の貴族役員が、都からやって来て、父をしかりつけている所でした。
 その時、父はただただ、ひたすら汗をかいて、あやまっておりました。
 この姿を見た弥千歳麿は、ただもう、たいへんショックでした。
 そこで・・。 つづく

紙芝居:「懺悔の聖者 覚鑁(かくばん)上人」(その1)

ファイル 1749-1.jpg
 平安時代の末期。
 真言宗を開いた『弘法大師 空海』がお亡くなりになって、すでに300年近くが経っていました。
 この時、衰退していた[高野山]真言密教を立て直し、[真言宗中興の祖]と呼ばれたのが覚鑁(かくばん)上人です。
 彼は彗星の如く高野山に登場し、大伝法院を建て、『懺悔(さんげ)の聖者』と呼ばれました。
 又、念仏の教えとの融合も果たしました。
 『弘法大師の再来!』とまで言われますが、あまりに急いだ大改革の為、その反動によってお山を追われることになります。
 この物語は、理不尽な仕打ちを受けても、人を恨まず、自分の理想に生きた一人のお坊様のお話です。つづく
ファイル 1749-2.jpg
(覚鑁上人のお寺:和歌山県[根来寺])

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その10 最終回)

ファイル 1745-1.jpg
 蓮如さまを慕い、お念仏を歓び、お念仏に生きた妙好人『赤尾の道宗』。
 永正13年(1516)、七十才前後?に往生されたのではないかと伝わっています。
 現在、そのお墓は、富山県南砺市西赤尾の[行徳寺]さま境内にあります。 おしまい
ファイル 1745-2.jpg
ファイル 1745-3.jpg
(道宗の墓)

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その9)

ファイル 1744-1.jpg
道宗さんが生涯慕い続けた[蓮如上人]は、明応八年(1499)、85歳で往生されます。
 その二年後、道宗は、蓮如さまとの思い出を胸に、『二十一箇條の心得』を書かれます。
 それは道宗にとって、自分自身への信心の問い掛けであったものでした。
 長いモノですので、・・少しだけ読んでみましょう。(全文、興味のある方はアマゾンなどで探してみてください。まるで、聖書みたいな文章(道宗と阿弥陀さんとの心の会話)も出てきます。道宗の仏への魂の叫びみたいで凄いっすよ。)

 第一条「御生の一大事、命のあらんかぎり、油断あるまじき事。」(意味:命が終わったらどうなるのであろう⁉それを今、しっかりと聴聞しなくてはいけない。油断して聞いていてはいけない!)

 第二条「仏法より他に、心に深く入ること候わば、浅ましく存じ候いて、すなわち、ひるがえすべき事。」(意味:仏法より他に、心に誘惑が入るなら、それは浅ましい事だと思って、すぐ反省し、心を入れ替えるべし!) エトセトラ、エトセトラ‥このような事が書いてあります。 つづく(次回、最終回)
ファイル 1744-2.jpg

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その8)

ファイル 1743-1.jpg
このような道宗さんでしたので、その噂を聞いた隣村のお坊さんが、『一度ためしてやろう!』とやって来ました。
 そして、草抜きをしていた道宗の後ろから、いきなり蹴り飛ばしたのです。(無茶しょるなぁ・・)
 前につんのめった道宗でしたが、何食わぬ顔で、又草抜きを始めました。
 それを見たお坊さんは、もう一度蹴り倒しました。
 しかし前と同じように、草抜きを又始めるのです。
 お坊さんは、「お前さん、なぜ蹴られても怒らんのか⁉」と問うと、道宗は振り向いて言いました。
 「お念仏の教えを頂くと、自分が蛇やサソリのような心で、人様と接していると思い知らされます。・・お宅様にも、どこかで知らず知らず、御迷惑をお掛けしたのございましょう。・・だから、私はこのような目に遭うのでしょう。・・お恥ずかしい事でこざいます。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。・・どうかお許しください。」と手を合わせました。
 それを聞いて、このお坊さんは心の底から反省したという事です。 つづく
ファイル 1743-2.jpg
(行徳寺内の『赤尾の道宗記念館』)
ファイル 1743-3.jpg
(棟方の書『南無阿弥陀仏』も飾られている)
ファイル 1743-4.jpg
(日本を代表する版画家『棟方志功』が残した道宗の版画:戦時中、棟方はこちらのお寺に疎開し、道宗を知り熱烈なファンになったという)

ページ移動