記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

山元加津子さん講演会『3人による「宇宙からの贈り物」回復の底力』予告

 山元加津子さんとは、ドキュメンタリー映画『4分の一の奇跡』の主人公であり、石川県立の養護学校の教諭で、有名な作家でもある。
 僕が入院中に、何かとお世話になった友人に頼まれ、今年の秋の[山元加津子講演会]に、ゲスト出演することになった。
 題名は『3人による「宇宙からの贈り物」回復への底力』という。
 僕には、「入院中、そしてリハビリののち、退院してから回復するまでの事を『紙芝居』を使って語ったくれ。」と頼まれたので、紙芝居「仏さまからの三つのご縁」を中心に語るつもりだ。
 なんせ、まだ僕自身がリハビリ中なので、うまく喋れるかわからないのだが、「そのまま、出演してくれたらエエから。」とお世話になった知人から後押しされたので、頑張るつもりだ。

 さて、もう一人の出演者は、「青野浩美」さんとおっしゃる声楽家で、原因不明の神経性難病を発症され、やがて呼吸を維持するために[気管切開]をされたにも関わらず、声楽家として活躍されているお方だ。(24時間テレビにも出られたらしい・・)

 すごい人ばかりに交じって僕などが出演するのは、はなはだ恥ずかしいことなのだが、『病気からの回復』を目指す方の力に少しでもなれば良いと思い、出演を了解した。
 又、最後は三人のパネルデスカッションもあるというので、これも楽しみだ。
 会場が、キリスト教の教会というのもおもしろい。

 よろしければ、下記へご連絡ください。お待ちしております。

 [主催・申し込み]
 たんぽぽの仲間たち関西(あつみ鍼灸院)事務局まで
 電話(072)695-9945・携帯(090)3035-6848
 メール ami39@tcn.zag.ne.jp

 平成26年10月19日(日)12:15分開場
 (場所)大阪水上隣保館「ゆりの礼拝堂」
    大阪府三島郡島本町山崎5-3-18

(参加協力金)2000円 定員120名

竹内(タケノウチ)街道「灯路祭り」予告

ファイル 764-1.jpg
「竹内街道」というのは、日本最古と伝えられている街道です。
 かの有名な「聖徳太子」も通っておられたという道です。
 この街道は、大阪府南河内郡太子町にあります。
 今年の秋の夕暮れから夜に掛けて、第三回「竹内街道 灯路祭り」が、こちらの街道沿いで行われます。
 石畳の趣きある街道を、たくさんの灯籠で浮かび上がらせ、古民家でコンサートを行ったり、又、軒下ギャラリーなどのイベントを実施する幻想的なお祭りです。
ファイル 764-2.jpg
 そのお祭りのイベントの一つとして、私は「仏教紙芝居」を披露させて頂きます。 
 私の出番は、午後6時15分から7時までで、街道沿いにある『松井様邸』で演じさせていただきます。
 どうぞ皆様、『再発見と地域の魅力づくり』をテーマとした、この風情あるお祭りにおいで下さい。お待ち申しております。 合掌

 日時: 10月15日(土)午後3時~9時(5時点灯)
 場所: 太子町春日西交差~道の駅「近つ飛鳥の里・太子」

 尚、お問い合わせ先は、『竹内街道にぎわいづくり協議会事務局』 電話(0721)98-5521 まで
 

〔朝の法座〕の宣伝チラシ

ファイル 546-1.jpg

(勝満寺さまが作って下さったステキなチラシ!)
 8月の1~2日と、2日間に渡って、京都市の『勝満寺』さまで開催される毎年の恒例行事という『朝の法座』に、今年は「お寺の出前!紙芝居屋亭」が、お話させて頂きます。
 朝の6時からと開始の早い「御法座」ですが、皆の「目がシャキッ!」となるような、そんなお話ができたらと思っております。
 それでは、頑張ってきます!

観念寺の行事予定

ファイル 14-1.jpg

このコーナーは私の住んでるお寺である『観念寺』の年間の法要や行事予定を書き込んでいきたいと思います。観念寺では年間、お寺で行う法要が五回程あります。又、不定期ですが「お経の練習会」も行っています。お時間ございましたら是非お参り下さい。合掌 (写真 観念寺本堂)
《観念寺の年間行事予定》
○一月一日 修正会(しゅうしょうえ)元旦法要 (朝の法座)
○三月彼岸中の土曜日 春季彼岸法要 (夜の法座)
○五月第二土曜日 永代経法要 (夜の法座)
○九月彼岸中の土曜日 秋季彼岸法要 (夜の法座)
○十月十四日 報恩講法要 (昼・夜の二回法座)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ