記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

干支ちぎり絵教室

ファイル 2039-1.jpg

 今年も『干支のちぎり絵教室』を開きました。
 参加者は12名。
 来年の干支は[ネズミ]です。
 檀家のご講師のご指導の下、皆さん、今年もワイワイガヤガヤ、賑やかに[ちぎり絵]を作っておられました。

新たな紙芝居3本、出来ました!

ファイル 2035-1.jpeg

新たな紙芝居が、3本出来ました!
176作目が、地元[富田林]の歴史を描いた「富田林のはじまり」。
177作目が、お経を真正面から描いた「阿弥陀経のはなし」。
そして178作目が、檀家さんからの要望に応えて、ようやく完成した作品「正信偈のお話」です。
又、このブログでおいおい載せようと思っています。よろしくです!

「心と心のふれあいコンサート」に行って来ました

ファイル 2034-1.jpegファイル 2034-2.jpeg

招待券を貰って、「国際社会福祉文化交流事業」主催の「心と心のふれあいコンサート」に行って来ました。
心が癒されました。ありがとうございました。
記念に、アルパの上之山幸代さんと写真を撮って頂きました。ありがとうございます!

石川北組「総代研修会」への出講

本日、石川北組「総代研修会」があり、会所の羽曳野市「元勝寺」様まで、紙芝居法話に行って来た。(お寺の門前で、門徒さん達が僕を待っていて下さり、その為にバタバタして、記念写真を撮る機会をなくしてしまいました[笑])
本堂は満堂で緊張した。…ご年配の男性総代さん(女性も含めて)が70人程おられただろうか…いつものことだが、僕はいくつになっても緊張しいだ。
でも、なんとか無事にお話しできたので、良しとするか。
元勝寺の皆様にも、大変お世話になりました。ありがとうございました。合掌

泉佐野市『光明寺』さまの報恩講

ファイル 2032-1.jpg

先週の土・日曜の二日間、泉佐野市の浄土真宗本願寺派『光明寺』様の[報恩講法要]があり、今年も紙芝居法話で行かせて頂いた。
 こちらは、今年で三回目。
 昨年と同じ紙芝居はできないので、この三回目というのが一番難しい。
 もちろん、報恩講なので、宗祖親鸞聖人のお話をトップに入れなくてはならない。
 又、お堅い難しい話だけではいけない。
毎回、どの紙芝居にして、どういう順番にして、どうまとめるかで本当に悩む。
 ・・お念仏に生かされた人間模様(妙好人)の話も入れたり、仏典説話も入れたりして、一時間半の長時間を二日間、ご一緒に過ごさせて頂いた。
 ・・最後に、こちらのご住職が「又、来年も『紙芝居法話』で、宮本さんにお越し頂きます!」と、ご門徒の皆さんにお話されると歓声と拍手が起こったので、まぁ『紙芝居法話』が受け入れて頂けたということか⁈・・とたいへん嬉しかった。
 光明寺の皆様、今年もありがとうございました。合掌

今月の『寺カフェ』。

ファイル 2031-1.jpg

今月も無事に『寺カフェ』が終わりました。
今回は19人のお客様でした。ありがとうございました。
 来月は『寺カフェ忘年会』を開きます。
 『ほろ酔い交流会』と『寺カフェ』のドッキングバージョンです。・・「住職さん、余興に紙芝居をお願いします!」と頼まれました。・・・うーん、余興⁈余興⁈・・言葉が気になるけど、まぁええわ。(笑) 
 楽しい紙芝居を選択せねば・・。今から楽しみです。

大阪市城東区『栄照寺』様の報恩講

ファイル 2030-1.jpg
(栄照寺さま:屋根の上に梵鐘がある!すごい!)
 大阪市城東区の、浄土真宗本願寺派『栄照寺』さまの報恩講法要に呼んで頂き、今年も『紙芝居法話』をさせて頂いた。
満堂で緊張しました。
ファイル 2030-2.jpg
(ご住職と本堂)
 こちらのお寺は、近代的だ!・・というより近未来的な感じがして素晴らしい。
ファイル 2030-3.jpg
(上半身が人間の姿の共命鳥)
 又、ご本尊の横には、(上の写真の)絵の共命鳥が描かれている。・・ああ、うちの寺もこんな風に(近未来的に)改築したいものだ。
 栄照寺の皆様、今年もお世話になりました。ありがとうございました。
 今度は、お寺近くの(息子夫婦も演奏で出演する)[がもよんフェス]にも、寄ってみたいです。

『河中北組寺族婦人会』への出前

ファイル 2029-1.jpg
(善林寺さま)
 昨日、東大阪にある[浄土真宗本願寺派 善林寺]さまで、『河中北組寺族婦人会』の集会があり、紙芝居法話で呼んで頂いた。
 寺族婦人会というのは、お寺の坊守さん(奥様)の集まりなのだが、皆さんノリの良い方ばかりで凄くやり易かった。
 婦人会の皆様、そして会所の善林寺の住職様・坊守様、大変お世話になりました。ありがとうございました。合掌
 

『ナニコレ』勘違い

ファイル 2028-1.jpg

 テレビの影響というか⁈・・あちこちで『ナニコレ珍百景』に、この前、出てはりましたね⁈というお声を頂戴する。
 その中で、もの凄い勘違いを一つ紹介する。
 「住職さん、凄いですねー。岩に上って、大きな仏さんを彫り張ったそうですねー!テレビで見ましたよ。」と、いうすごい勘違い。
高所恐怖症の私は、そんなこと出来ましぇーん。
 どこでどう見たら、この様な勘違いができるのだろうか⁈・・思わず笑ってしまいました。・・講演で使わせてもらいます。(笑)

東北:仙台の瑞巌寺へ行って来ました

ファイル 2027-1.jpg
(仙台空港)
 一泊で仙台の『瑞巌寺』に行って来ました。
 伊丹空港から一時間ちょっとでいけるのですね。
 ・・飛行機は速いわ。
ファイル 2027-2.jpg
(瑞巌寺)
 瑞巌寺は、伊達家の菩提寺です。
 絢爛豪華な上に、宗教的な格調があって感動しました。
 岩壁を彫って作った寺院類などもあって、「こんなん、欲しいなぁー」と不謹慎に思ってしまいました。
 それと、こちらのご本尊は聖観音菩薩なのですね。
先日、テレビに出た『ナニコレ珍百景』の河内長野の摩崖仏と一緒のお姿やと思いました。
ファイル 2027-3.jpg
(円通院)
 瑞巌寺の横の円通院にも寄ってお参りさせて頂きました。
 少し、紅葉がまだ早いようです。
ファイル 2027-4.jpg
(松島)
 ついでに、松島めぐりの遊覧船にも乗りました。
 こちらは、台風被害は無かったみたいです。
 宿泊は、秋保温泉で一泊しました。
 少し、腰の痛みがとれた様な気がしました。

ページ移動