記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

大阪教区スカウト指導者会会報『ともしひ』に載りました

ファイル 1684-1.jpg

 大阪教区スカウト指導者会・会報『ともしひ』に、先日の『紙芝居法話』の様子が載りました。
 抜粋して読んでみます。

『・・「報恩の集い」を本願寺津村別院(北御堂)にて開催いたしました。(中略)・・第一部に引き続き、宮本直樹住職(石川南組観念寺)に、紙芝居を披露いただき、阿弥陀さまのおはたらきなどを学びました。・・(中略)、来年も親鸞聖人のお心をいただく中で、スカウト活動を進めていきたいと思います。』
 と、いう内容でした。
 スカウトの皆さん、これからも慈光照護のもと、世の為人の為に頑張ってくださいね。応援しています。合掌
 

風邪をひいてしまいました。

 三月は、娘の結婚式やら、お彼岸法要やらが続いて、ひどい風邪をひいてしまいました。
 声がガラガラ声に成った為、本当に御門徒さんにはご迷惑を掛けてしまいました。・・すみませんでした。
 もう大丈夫です。
 又、出講に行かせて頂いたお寺さんからは、『大丈夫ですか?』と、優しいお声を掛けて頂き、もう恥ずかしくて、つい、(漫才師『スリムクラブ』のギャグみたいに、親指を前に出し(ハスキーな声で)「い゛い゛よ~」と言ってしまい、苦笑いされて)、いろいろとひんしゅくをかってしまいました。・・返す返すお詫び申し上げます。
 もう、風邪も治りました。 本当に身体の具合は『い゛い゛よー!』。

藤井寺市:[妙楽寺]様の春季彼岸法要

 昨日、藤井寺市の[妙楽寺]さまへ、紙芝居法話に行かせて頂いた。
 こちらのお寺は初めてであり、お寺の場所は、車のナビに入れて行かせて頂くのだが、近くまでになると、ナビは『目的地周辺です。案内を終わります』と流れてしまい、僕は途方に暮れてしまう。
 「近くには来ているんだ。絶対にお寺はあるはずだ。・・でも場所が解らない。・・車をどこかで止めて、歩いて探そう。」と、今度は車を一時的に止める場所を探して、ドンドン目的地から離れてゆく。ドツボだ。
 昨日も、そのドツボにはまり掛けたが、最後は時間までに無事に着けた。
 まず、事前に地図で目的地を探して、その後、ナビに入れて、時間はゆとりをもって毎回、出発する。が、思った通りには行かないものだ。
 毎回、まず目的地まで時間までにちゃんと着けたら、いつも「これで今日はうまくゆく」と思ってしまう。
 どうしようもない方向音痴の私なのです。
 でも、昨日も『紙芝居』は大うけでした。良かったよかった。妙楽寺の皆様、こんな小心者の私をあたたかく受け入れて頂き、有難うございました。合掌  

河南町[善秀寺]さまの『彼岸法要』での紙芝居法話

ファイル 1681-1.jpg
昨日、河南町[善秀寺]さまの『春季彼岸法要』へ、[紙芝居法話]に行かせて頂いた。
ファイル 1681-2.jpg
 お彼岸ということで、紙芝居も『お彼岸』向きに、『善導大師ものがたり』や『二河白道ものがたり』を中心に、[お彼岸の由来について]など、お話させて頂く。
ファイル 1681-3.jpg
 紙芝居『二河白道ものがたり』では、例によって、[飛び出す二河白道]のページがあり、御門徒さんから「おぉ~~っ」とか、「凄いな~、迫力あるわ!」などと声が掛かり、こちらとしても、大変やりがいがありました。
 歓声が上がったらうれしいわ~。
 善秀寺のみなさま、お世話になりました。有難うございました。合掌
 

河南町介護者家族の会会報[さくらんぼ]に載りました

ファイル 1680-1.jpg

 河南町介護者家族の会『さくらんぼ』の、会報に載りました。
 この前の[新年交流会]の模様です。
 この時は、さくらんぼの会長さんから「日頃、家族の介護で疲れている会員の為に、楽しい、そして元気が出る紙芝居と話をして欲しい」と頼まれたもので、そんな『紙芝居』を探し出し、倉庫から引っ張り出してさせて頂きました。
 会員の皆さんの、楽しげに『紙芝居ワールド』に浸って下さったお顔が、今でも忘れられません。
 有難うございました。合掌

観念寺:春季彼岸法要・紙芝居法話

ファイル 1679-1.jpg
 昨日は、自坊[観念寺]の春季彼岸法要の日。
 例年、春には自坊で僕が、新作初披露と称して[紙芝居法話]をさせて頂いている。
 昨日は、『行基』さんの紙芝居やら、おまけとして、地元のヒーロー『楠木正成』の紙芝居をさせて頂いた。
ファイル 1679-2.jpg
 そして、僧侶としての[法衣姿]の娘夫婦の初出勤も、披露させて頂き、御門徒の皆様にご挨拶させて頂いた。
 ・・いつもより、僕自身が緊張して、舌が回らんかった。

昨日の『寺カフェ』

ファイル 1677-1.jpg

 昨日は、月一『寺カフェ』の日。
 ・・昨日もまだ準備の段階から、多くのお客さんが来て下さった。
 檀家のお客さんから、「娘さんのご結婚おめでとうございます。結婚式の写真を見せて下さい」とのお声があり、まだ[スナップ写真]も出来ていなかった為、急遽、写真をブリントして、皆さんに見て頂くことになった。
 「わぁっ、新郎さんの身長の何と高いこと!・・在家のお方でっしゃろ。・・何とっ、頭、剃りはってお坊さんに成りはったんですか?」と驚きの声があちこちから上がった。
 「はい、そうなんです。得度してくれました。有り難いご縁です。・・でも、お寺には入らずに、退職までサラリーマンを続けてもらう予定なのですよ。」と僕は言った。
 今日は、コーヒーどころではなく、娘たちの結婚式のご報告会になってしまった。
・・恐縮しっぱなしで、汗をかいて喋るの疲れてしまった。

西本願寺での娘の結婚式

ファイル 1676-1.jpg

 本日、京都の西本願寺にて、娘が結婚式を挙げた。
 『第25代専如門主 伝統報告法要協賛行事』の記念行事の一環として、阿弥陀堂にて式を挙げさせて頂く事が出来たのだ。
 晴天にも恵まれて、無事に式を終え、本当に幸せな一日であった。南無阿弥陀仏。合掌

浄香さま、来院

ファイル 1675-1.jpg
 本日、東大阪市:蓮浄寺さまの若美人住職[M・浄香]さんが、僕の紙芝居の見学にご来院下さった。
 素直でほんとにかわいらしいお嬢さんだ。
 僕とは、娘ぐらいの年の差だ。
 彼女も『紙芝居』を作って法話をされるのだ。
ファイル 1675-2.jpg
 先日も彼女のお寺で、ご自分で制作された仏教オリジナル紙芝居を見せて頂いた。
 絵も綺麗で、さすが女性の作る紙芝居だ。
 面白かった!
 うっうっ、ライバルが現れた・・。負けずに頑張らねば!
 浄香さん、又、新作作ったら見せてね。
 又、おいでや!

くろまろ館、再び!

ファイル 1669-1.jpg
 昨日、再び、河内長野市の[ふるさと歴史学習館]こと『くろまろ館』へ行って来た。
 今、作っている紙芝居の[時代考証]を、学芸員さんにご指導して頂くのが目的だ。
ファイル 1669-2.jpg
 くろまろ館に入って驚いたのは、『河内長野観光ガイドボランティア』の日頃お世話になっている会員の方々が、すでに居られたことだ。
 どうやら、くろまろの紙芝居の試作品を観に来てくださったらしい。(情報、早っ!)・・お顔を拝見して懐かしい思いが、いっぱいよみがえった。
ファイル 1669-3.jpg
 さて、くろまろ公の紙芝居の事。
 学芸員さん達にいろいろ御教授、ご指摘頂いて、一杯直した。
 なんせ、昔々の飛鳥時代の話であり、資料・史跡も少ないので、悪戦苦闘だった。
 「くろまろさんっ、あんたはいったい何者?、もう、わかりましぇーん」と、言いたい気分にもなった。
 でも、歴史的に解らないならわからない事を、かえって開き直り、今大阪で流行ってる女の子の口癖「・・知らんけど」というギャグを連発してみるのも良いなと思った。
 例えば、『僕、くろまろだマロ。南河内の高向という所に生まれたらしいんだマロ。・・知らんけど。
 あの聖徳太子に学才を認められたらしくて、遣隋使の留学生に選ばれたんだマロ‥知らんけど。』・・こんな風にしたらどうかなぁ。・・知らんけど。

ページ移動