記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『1665年ロンドン伝染病の記録』(その2)

ファイル 2092-1.jpg

 そもそも事の発端は、昨年(1664)の秋、海の向こうの隣国オランダで「伝染病ペストがどうやら流行り出した」という噂が流れてきたのが始まりだった。
 そして、わが国イギリスでも昨年の冬、二人の市民がペストで亡くなった。
 が、ロンドンの街の人びとはまだ楽観視していた。
 そして1665年の今年、春の終わりごろから猛烈な勢いで、このペスト患者が出だした。
 この病は感染すると、発熱などの症状があらわれて、放置すれば60パーセントの確立で死亡してしまうのだ。
 我々はこの目に見えない伝染病に、対抗手段もなく、当時としては『神に祈る』しか方法がなかったのである。つづく
 

紙芝居:『1665年ロンドン伝染病の記録』(その1)

ファイル 2091-1.jpg

(はじめに)
 もはや私たちは[新型コロナウイルス]と、いかに付き合っていくか⁈という段階に入ってしまった。
 現代の伝染病:コロナウイルス。
 そして、昔の伝染病:ペスト。
昔の話なのにどこか似ている・・いや今にそっくりなところもある。
 これは今から350年前、実際イギリスのロンドンで起こった伝染病の(小説風)記録『ペスト』を紙芝居にしたものである。
 原作は『ダニエル・デフォー』。
 おそらく、デフォーは自分のおじさんから聞いた体験談に感銘を受け、その後綿密な調査を基にして書いたものと言われている。
 それでは、はじまりはじまり・・。

 私の名前は、ヘンリー・フォー。
 17世紀のイギリス人だ。
 今から、1665年のイギリス、ロンドンで起こった「伝染病ペスト」の、私が見た惨事の記録を皆さんにお伝えしたい。
 この年1665年に大流行したペスト菌による死亡者は、約75000人。
 およそ、ロンドンの4分の1の人々が亡くなるという凄まじさであったのだ。 つづく