記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

狭山市「ふれあいサロン」への出前

ファイル 1245-1.jpg
 昨日、朝に四軒の檀家参りと、さらに昼前に檀家さんの法事を一件済まし、(車の中でパンをかぶり)その足で狭山市の「南第三地区福祉委員会 公団支部」主催の[ふれあいサロン]へ出前に行って来た。
ファイル 1245-2.jpg
 開始10分前の午後12時50分に到着し会場に入ったら、すでに皆さん着席されて待っておられた。
 それで、「すぐに始めてください」と言われたので、会場の隅にカバンを置いて、(お茶を一口頂き)すぐに話始める。・・が、この焦りが後で悲劇を生む。
ファイル 1245-3.jpg
 で、まぁ、なんとか話を終えて、コーヒーを頂いたのち、車に荷物を入れて出発。
 そして、間もなく富田林市に入るというところで、はっと、携帯と財布を入れた(もう一つの小さな)カバンが無いことに気がついた。
 急いで渋滞の中ユーターン。そして、又会場に着いたら、受付の方が「先ほど終わって皆さん解散しましたよ。・・あぁ忘れはったカバンですね。担当の方が預かると言って家に持って帰られましたよ。・・電話してみましょか?あっ繋がれへんわ。家の住所教えましょか?ここから5分ほどです。」と、話が続き、僕のあせりも続き、雪駄で走ってそのおうち(公団の四階)に到着。
 そして無事カバンを頂き、ふっと携帯電話を見たら、妻から8回も電話の着信が入っている。
 急いで電話をしたら、(日にちを変えて頂いたとばかり思っていた)檀家さんが、僕のお参りをずっと待っておられるとの事。
 この時すでに3時半を過ぎていたのだが、急いでその檀家さんへ電話を掛けて、その足で藤井寺へナビで最短コースを出して、向かう。
 午後4時、無事に到着し、お詫びをして、言い訳とお参り。
 (帰ったら、嫁さんに叱られるだろうと思いながら)足取り重い中(もうすでに暗い中)、無事お寺に帰宅。
 くどくど、くどくどとさんざん叱られ、「お父さん、お寺が一番忙しい日曜日の出前は、ほどほどにして下さい」とダメ押しされて、この日は一杯やって早めに寝ましたさ。やはり、忙しい日曜日の出前は無理があるなぁ・・とほほ。
ファイル 1245-4.jpg