記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

「あわてもののウサギ」と僧侶

 先ほど、近くにある「カナンデイサービス」へ、お寺の出前に行って来た。
 そこで、〔出前メニュー35番〕の『あわてもののうさぎ』という仏典童話紙芝居をさせて頂いてきたのだが、お参りの途中に寄ったこともあり、(それこそ僕自身があわてていて)帰って来たら、施設に〔せったく=拍子木〕を忘れたことに気が付いた。
 そこで、又車を走らせて、みなさんが気持ちよく歌い始めたカラオケ大会の中に飛び込んで、「すんません、すんません。拍子木忘れました。・・私自身があわてものでした。私がうさぎでした。いや僧侶でした、すんません。」と言って、頭をかきかき、(皆さんに笑われながら)施設を後にした。
 ほんま、恥ずかしかったわー!