記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

富田林市:嬉(うれし)町「ふれあい祭」への出前

ファイル 935-1.jpg(嬉地区老人集会所)
 最初に、地区の会長さんからお電話いただいた時・・、 
「私たちは〔嬉(うれし)〕です。・・あの嬉です。・・、富田林市嬉町に住んでます。」と、言われて初めてその町の名前を知った。(「何がそんなに嬉しいのかな?」とマジで思ったで。〔笑〕)
 隣町でも、まだ知らない〔町名〕があるのだ。(それにしても、楽しそうな町名だ。一発で覚えた。・・町名の由来は、昔、和歌山からこちらに来られた、一人のお姫様の名前から付いたとの事だ。・・こんど調べてみよう。)
 今日、その町の〔ふれあい祭〕という、(福祉委員さんが主催する)お年寄りと子供たちの交流会に呼んで頂いて「紙芝居講話」をして来た。
ファイル 935-2.jpg
 なんせ、子供たちは元気一杯だ。
 男の子も女の子も汗だくで、会場内を大きな声を出し走り回っていた。(でも、ちゃんとお年寄りの前では、静かに行動していたので、エライと思った)
 始まる前、「さて、おっちゃんの仕事は何でしょうか?」といったら、「紙芝居屋さんっ!」と子どもたちに言われ、ちょっと嬉しく、又ちょっと悲しくもなった。(僧侶の衣を着てても、そう言われたから・・。)
 もう、紙芝居イベントを副業にしようかなぁ・・。ああっ、もうなってるか。(笑)