記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「出家とその弟子(第三部 父と子)」 その4

 病床の間で・・。
ファイル 799-1.jpg
(唯円)「お師匠さま、お薬をお召しになられませんか?」

(親鸞)「薬はもうよい。・・覚悟は出来ておる。仏さまがお召しになるのだよ。 この世の御用が尽きたのだ。」

(唯円)「・・・。」

(親鸞)「わしは随分長く生きた。・・・90年。 これは人に許されるまれな高齢じゃ。 金さん、銀さんには負けたがのう。」

(唯円)「・・・。」

(親鸞)「・・しかし、この期におよんでも、まだもう少し生きたいと思う。そんな心が残っておる。 浅ましいのう・・。」

(唯円)「お師匠さま、主な『ご門弟』は皆、集まっておられます。」

(親鸞)「おおっ、そうか。」

(唯円)「しかしながら、勘当されました〔善鸞〕さまは、この場に居られません。
 ・・・ご往生にあたって、どうか一言。『善鸞さまを許す』と申して頂けませんか?
 これは、我々皆の願いなのです。」

(親鸞)「わしは、すでに〔善鸞〕を許しておるよ。・・心の中では早うになぁ。」

(唯円)「では、こちらに〔善鸞〕さまをお招きしてもよろしゅうございますか?」

(親鸞)「何っ? 善鸞がここに来ておるのか?」

(唯円)「はい、先ほど、早飛脚でこちらにもうすぐ到着するとの連絡がありました。」

(親鸞)「・・そうか、善鸞に会えるのか。」

(唯円)「到着されましたら、お師匠さまのお口から直接、『許す』と申していただけませんでしょうか?」

(親鸞)「・・わかった。 ・・しかし、善鸞の《信心》が、今はいかがなものか? 尋ねてみねば、ならんのう・・。
 あやつは《阿弥陀仏》さまをどう思っているじゃろうか?・・是非、聞いてみたい・・。」

 その時、あわてて〔勝信尼〕が部屋の外から声を掛けました。

(勝信尼)「お前さま、唯円さま、善鸞さまが到着されましたー!」
(唯円)「そうかっ、すぐにお部屋に入ってもらうようにお伝えせよ。 お師匠さま、善鸞さまが到着されました!」

(親鸞)「おぉっ、そうか。善鸞、善鸞・・・。」
ファイル 799-2.jpg

 つづく。 次回、いよいよ最終回。