記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

お通夜の席での『紙芝居』

ファイル 235-1.jpg

 上の写真は〔お通夜〕の席で『紙芝居』をしている様子である。
 実はこの写真、昨年の夏頃のものなのであるが、遺族さんから「遅くなりましたがプリントしましたので受け取って下さい」と頂いたものなので、本日披露することにした。
 「お通夜の席で『紙芝居』をするなんて不謹慎だ」という声もあるかもしれないが、僕にとって『紙芝居』はひとつの法話のスタイルなのである。
 これも実は、葬儀屋さんから「亡くなられた方の奥さんの落ち込み方が通常でないので、住職の例の『紙芝居法話』をして慰めてもらえないか?」というお話を頂いたので実行した訳である。(ちょっと勇気がいったが・・)それでも、下ばかり向いておられた奥さんの笑顔が少し戻ったので、演じて良かったと思っている。

 ・・これに懲りず、つい先日も〔環骨勤行・初七日〕の後に紙芝居をしたお家があるのだが、(紙芝居が終った時、拍手喝采で、お骨になられた仏様に対して複雑な心境だったのだが・・)それは又別のお話。機会があればいたしましょう。(今年も冠婚葬祭のあちこちで『紙芝居』を使いそうな予感・・〔笑い〕)