記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「でんでんむしのかなしみ」(前編)

 以前、この紙芝居についての『つぼやき』は二つ書いた。
 その一つは(http://o-demae.net/blog/archives/928.html)、
 もう一つは(http://o-demae.net/blog/archives/930.html)である。
 だから、改めてこの紙芝居についての僕からのメッセージは書かないことにする。(興味のある方は上を開いて読んでください。・・ただし、一つ目にはあらすじを書いているので、最初に読まない方が良いかもしれない。・・あっ、遅かったかな!・・まぁええか)
 それでは、はじまり、はじまり~
ファイル 941-1.jpg
 あるところに、一匹の『でんでんむし』がありました。
ファイル 941-2.jpg
 或る日、そのでんでんむしは、大変な事に気が付きました。
 「私は今までうっかりしていたけれど・・、
ファイル 941-3.jpg
 私の背中の殻(カラ)の中には、〔悲しみ〕が一杯つまっているではないか。
 この悲しみは、どうしたら良いのだろうか?」と。
ファイル 941-4.jpg
 それで、そのでんでんむしは、お友達のでんでんむしの所へ行って、
 「・・私はもう生きていられません」と言いました。
 するとそのお友達は、
 「えっ、何ですか?」と聞きました。
 「あの~、私は何という不幸せものなんでしょう。私の背中の殻の中には〔悲しみ・哀しみ〕が一杯つまっているんです」と、はじめのでんでんむしが話しました。
 するとそのお友達は・・・、 つづく