記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「不思議なクマグス」(その2)

ファイル 904-1.jpg
南方熊楠(ミナカタ・クマグス)は、和歌山県の人です。
 今から、百二十年程前の年号が『江戸』から『明治』に変わる少し前、クマグスは、和歌山城下の裕福な金物屋の次男に生まれました。
 「熊楠(クマグス)」という変わった名前は、父親が付けたものです。
 「いいか、熊楠。お前は『熊野権現』さまの『熊(クマ)』の字と、ご神木の『楠の木』の『楠(クス)』の字を頂いて、『熊楠』と名づけたんだぞ。だから、神様を大事にして元気に育つのだぞ。」と、父親は〔クマグス〕を背負いながら神社の前で言いました。
ファイル 904-2.jpg
 さて、クマグスは言葉が遅く、六歳になるので話すことが出来なかったそうです。
 その代わり、絵や文字に大変興味があり、一度読んだ本や、覚えた物事は絶対忘れないという特殊な才能がありました。
 小学校の時代のクマグスは、友達の家から〔百科辞典〕を借りて、全部書き写したというエピソードが残っています。  
ファイル 904-3.jpg
 和歌山中学(現在の桐蔭高校)に進んでからのクマグスは、読書と書き写しに加えて、自然観察や写生に熱中するようになります。
 時には通学の途中、珍しい昆虫を見つけ、学校に行くのを忘れて、山の奥深くに入ってしまい、何日も帰って来ないことがありました。
 家族や町の人々は「クマグスが天狗にさらわれた!」と大騒ぎになった事件があったそうです。
ファイル 904-4.jpg
 和歌山中学を卒業したクマグスは、東京に出て大学予備門(今の東京大学)に入学します。
 しかし、「自分が目指す学問の授業が無い!」と、途中でクマグスは大学に行かなくなります。
 そして、毎日「図書館」に通い、植物採集の旅などをしている内に落第し、結局二年で大学を辞めてしまい、和歌山に帰ることになったのでした。 つづく

コメント一覧

lako 2012年05月24日(木)21時19分 編集・削除

いよいよ、クマグス!!
楽しみに拝見します。
桐蔭やったんですかぁ・・・

カンネン亭 2012年05月24日(木)22時18分 編集・削除

ラコハンの生家の近く・・、でしたよね。
 どうりで、どっか熊楠さんと似てる・・か?(笑)