記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

「自分だけ違う」と思う錯覚

 今日は、お寺の総代さんの奥様(行年53才)の祥月命日だった。
 ご仏壇でお参りさせて頂いた後、総代さんが涙を拭き拭きおっしゃられた。
 「妻は、突然の病で亡くなりました。
 亡くなる当日まで、パートに行っていたので、その元気さが解るでしょう。 
 夜、テレビを一緒に見ていて、突然、彼女が「救急車を呼んで欲しい」と言ったので、よっぽど苦しかったのでしょう。肺が原因でした。
 救急車が来た時は、すでに心臓が止まっていました。
 私は呆然としました。
 お葬式が済んだ後、『なんと人の命は儚いもんや』と、切実に思いました。
 生きる気力も無くしました。 
 でも、後に残った者は生活があります。 
 洗濯も掃除も自炊も買い物も子育ても、私一人でしなければならなくなりました。
 しかも会社で仕事をしながらです。
 会社の同僚が声を掛けてくれても、近所の方が優しい言葉を掛けてくれても、『こんな不幸な境遇は私だけや!自分は人と違うんや。』と心を閉ざし続けました。
 今から考えたら、普通の状態ではなかったです。
 炊飯器の使い方ひとつ解らず、作ったおかずも想像以上にまずくて食べることもできず、何度も捨てて布団に入って泣きました。大の男がです。
 でも、同じような境遇のような方に、声を掛けてもらった時、「ああっ不幸なのは私だけではないんや」と気がつきました。
 ・・どうしようもない不幸が自分にやって来た時、人は世の中の人すべてが幸せに見えて、そして憎らしく思えてしまうのですね。
 やっぱり、悲しみから立ち直るには時間が必要ですし、同じ悲しみを共有し合える仲間が必要だと思います。
 私はきっと今も、かつての自分のような『自分だけ違う』と思い、わけがわからんようになってる人が、(自分の)周りに居てると思うのです。
 今度は私自身が、そんな人を慰める番やと今思っているんですよ。だからなるべく色んな人に私から声を掛けて、話をしていってるんです。」とお話して下さった。
 僕は心に沁みる、その一つ一つの言葉に、ただ「うんうん」としか言えずにもう一度仏壇に手を合わせて、その総代さんの家を後にした。
 
 
 
 
 

コメント一覧

愛子 2012年08月20日(月)02時59分 編集・削除

私も自分だけが不幸やと思ってる時が有りました。
なんか悲劇のヒロインみたいに酔いしれてる自分がいたと思います。

卑屈になって人のことを羨ましがってました。

けど、そういう時期も今の私を作ってくれて、いろんなことを気付かせてくれて、良かったなぁと思います。
人生に何一つ無駄なことは無いと言いますが、
無駄だらけの意味のない人生やと思ってた私の過去も、
今はすべて糧になってると思います。

けど、それを生かせているかは別問題。
総代さんのようにもう一歩踏み出して生きられるような
素敵な人になりたいです。

カンネン亭 2012年08月20日(月)10時32分 編集・削除

こちらの総代さんが、ご一緒に御山に登ろうかと、誘って下さったお方です。ほんま偉い人です。

愛子 2012年08月20日(月)11時11分 編集・削除

そうやったんですか。
また会えるときがあるかな。

楽しみが増えました。

カンネン亭 2012年08月21日(火)11時10分 編集・削除

きっと、お会いされる時が来るでしょう。
 念ずれば花開く。