記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

うれしい「お便りメール」=『つぼやきに感謝!』

 うれしい「お便り(感想)メール」が届いた。
 ・・で、感激したので、(送リ手さんには、まだ許可を戴いてないのだが)コピーして発表させて頂きたい。(だから匿名にします)
 内容は、「つぼやき」ブログの1月21日に書いた「サンダーバード一号の役割」という(多少マニアック)なものについてだ。
 以下、『お便り』よりコピー。(中略有り)
 
『ご無沙汰しております。
 「つぼやき」見ながら、笑ったり、励まされたり、考えさせられたりしております。
 このところちょっと不安定になっておりました。
 宮本住職との出会いで始まったこの(仕事の)役割も2年が経過しようとしている中で、「私は何ができたのだろうか?」って振り返ってみると、何もできていないように感じておりました。
 『功を急ぐ』とでもいうのでしょうか。
 そんな気持ちが強くなってしまって、なんだか、悲しいやら、情けないやら・・・。そんな気持ちでした。
 そんな時、「サンダーバード一号の役割」という〔つぼやき〕に、元気をもらいました。
 私達の○○仕事の役割も、消防署の活動に例えられるように、
『緊急事態の時にはすぐに現場に駆け付ける』という役割があるということです。
 まさしく、サンダーバード一号として、活動する必要があるのです。
 二号・三号の役割だけじゃなく、一号の役割がとっても大事なんだ!って。
 要するに私自身が、二号・三号になろうとしてたんですよ。
 目に見える形で、仕事仲間の皆さんの役に立とうとしてたんです。
 しかも、「ありがとう」をほしがっていたように感じてしまいました。
 だから、この〔つぼやき〕に考えさせられ、慰められ、元気をもらいました。
 自分自身に『お前はお前で丁度いい』って言えるように、そして『何とかなる』って気持ちをもう一度心にしっかり捉えて、取り組んでいきます。
 取り止めもない、勝手な告白ですが、感謝の気持ちを伝えたくて、メールしました。
 〔つぼやき〕続けてくださいね。 
 春が待ち遠しい毎日ですが、お身体ご自愛下さい。○○より』

 多少割愛してしまったが、ほぼ全文、載せてしまいました。
 僕のマニアのマニア為のマニアックな『ぼやき』に、このような素晴らしい感想を送って下さった○○さん、本当に感謝します。
 これからも、『ぼやいて』『ぼやいて』『つぼやき』いや『つぶやき』まくりますので、よろしくお付き合い下さい。
 次は『ジェットモグラ、闇夜の雄叫び!』にしようか、いやいや、『サンダーバード五号、宇宙の孤独』にしようか?・・合掌