記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「続・古事記 お隠れになったアマテラスの神」その3

 ・・ここまでの「あらすじ」に、まったく関係のない話。
 アマテラスの女神が〔洞窟〕にお隠れになり、世界が真っ暗闇になる話はあまりにも有名で、たいていの日本人なら知っている。
・・が、しかし、なぜ「お隠れになったのか?」という理由を知るものは、少ないのではないだろうか?
 出来の良い姉と、常識はずれの暴れん坊の弟との諍いが、やがて姉の苦悩を招き、大きな騒動(神話の場合は『天の岩戸隠れ』)へと発展する。(スケールは違うが・・)それって最近見た、山田洋二監督の映画「おとうと」と一緒やん。
 女優:吉永小百合さんは姉の『アマテラス』、そして暴れん坊の弟は笑福亭鶴瓶氏は『スサノウ』の神か? 重ね合わせば似てるような気が・・。今も超昔も〔親兄弟の諍い〕の悩みって一緒・・か?
 そしてひょっとして、この映画の元ネタって『古事記』?・・余談でした。
ファイル 553-1.jpg
・・さて、話のつづきじゃ。
 弟〔スサノウ〕の神の乱暴に、ほとほと手を焼いた、姉〔アマテラス〕の神は、「あぁ、あんな弟が居るなんて、もう私は恥ずかしくて耐えられません。・・もう私は誰にも会いたくありません。・・岩屋に隠れることに致します」と言って、『天の岩屋(岩戸)』にお隠れになってしまわれたんじゃ。
 太陽の光の神であられる〔アマテラス〕の神が、お隠れになってしもたんじゃから、その瞬間から世の中、大パニックじゃ。
ファイル 553-2.jpg
 この世はたちまち、《闇》に覆われてしもうた。
 何もかもが、暗闇に包まれ、やがて《禍(わざわい)》が広がり出したんじゃ。
 そこで、困った〔地上の神々〕は、集まって会議を開くことにした。
ファイル 553-3.jpg
 その中の思慮深い〔オモヒカネ〕という神が、リーダーになって会議は進められ、ここに、人類の存亡がかかった《大作戦》が決行されることになったんじゃ。・・まぁ今から、見ればたいした作戦ではないんじゃが・・・。
 〔オモヒカネ〕の神は、皆に言った。
 「Aチームの皆さんは、ニワトリをたくさん集めて下さい。
 そして、Bチームは、大きな鏡を作って下さいな。
 そして、Cチームは、鏡を飾る〔御幣〕を作って下さい。
 ・・それと、え~と、たしか踊り上手でボディコンの〔アメノウズメ〕の神と、そのファンクラブの〔おたく〕会員たちを、テンションを挙げて呼んでおいて下さい。
 そして、力自慢の〔タズカラヲ〕の神も、呼んでおくように頼みます!
・・・さぁ、皆さん、作戦開始です!」 つづく