記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「子供を亡くしたゴータミー」〔完全版〕中編

 仏教経典によると、この物語の主人公〔キサー(『やせっぽち』という意)・ゴータミー〕の婚家先の様子も、少し述べられている。
 どうやら、ゴータミーの嫁ぎ先の家は、『大金持ち』であったらしい。
 しかし、ゴータミーは〔キサー=痩せている〕と呼ばれているように、貧乏人。
・・そんな彼女が縁あって、お金持ちの家に嫁いだのだ。さぞかし肩身は狭かったであろう。・・いじめにもあったかもしれない。
 がしかし、そんな彼女も、跡継ぎの男の子を生んだのちは、回りの目が変った。・・そう、彼女はようやく、大切にされ始めたのである。・・が、その子供が亡くなった。 彼女のショックは余りあるであろう。 ・・それでは〔中編〕をどうぞ。
ファイル 501-1.jpg
 お寺に着いた〔ゴータミー〕は、お釈迦様に訴えるように跪いて言いました。
 「お釈迦さま。この子の病気を治して下さい! 皆は「死んでいる」と言いますが、そんな馬鹿な事があるはずがございません。・・どうか、この子をお救い下さい!」と。
 そんな〔ゴータミー〕をじっと見ておられたお釈迦様は、やがて、こう言われました。
 「わかった、ゴータミーよ。 お前の子供の病気を私が治してあげよう。・・それではまず、《ケシの実》を少々、ここに貰って来ておくれ。 ただし、一度も《お葬式=死者》を出した事のない家から貰ってくるように。
・・そうしたら、私がお前の子供を治してあげよう。」
 その言葉を聞いて〔ゴータミー〕は、「はい、わかりました!・・今からすぐに貰ってきます!・・坊や、もうすぐお薬を上げますからね」と、子供に頬ずりをすると、再び町へ向かいました。
ファイル 501-2.jpg
 「ゴメン下さい。すみませんが、この子に薬の《ケシの実》を少し分けて頂けませんか?」
 農家の主婦は、快い返事をして、《ケシの実》を家の奥から持って来てくれました。
 「有難うございます。・・ところで、御宅は『お葬式』を出された事がありますか?」
 怪訝な顔で〔ゴータミー〕を見ながら、主婦は答えました。
「・・はい、昨年、主人を亡くし『お葬式』を出しました。又、その前の年には、両親も亡くしました。・・でも、いったいなぜ、そんな事を聞かれるのですか?」
 〔ゴータミー〕が訳を話すと、主婦は目頭を押さえて言いました。「お気の毒に。・・《ケシの実》は、どこの家にでもあるでしょう。・・しかし『お葬式』を出した事の無い家はねぇ・・。見つかると良いですね。」
 〔ゴータミー〕は、お礼を言うと、次の家を尋ねることにしました。
ファイル 501-3.jpg
 しかし、『お葬式』を出したことの無い家は、なかなか見つかりません。
 「そうだわ、お金持ちの家なら、死んだ人は居ないかもしれない!」
 そう思った〔ゴータミー〕は、大金持ちのハート・ヤマー家(笑えよ、すまんのぉ・・今回ここしか笑うとこありませんから。今うちによ~く笑とって下さい!)を尋ねました。
 「ゴメン下さい。・・御宅は死んだ人は居ませんよねぇ」
 それを聞いて、大富豪は言いました。
 「何をおっしゃいますやら。・・先日、私は病気で妻を亡くしまして、もう毎日が虚しくて、寂しくて・・。お金があっても、こればっかりはどうにも・・。」
「・・あぁ、そうなんですか。・・お気の毒に」と、〔ゴータミー〕の口から初めて『お気の毒に』という言葉が出てきました。
ファイル 501-4.jpg
 その後、何軒も何軒も、いろんな家を尋ねて廻りましたが、『お葬式』を出した事のない家は見つかりません。
 最後に、町外れの『一軒や』を尋ねた時、一人のお爺さんが、笑いながら答えました。
「あんたは、可笑しな事を聞きなさる。・・まぁ、わしは婆さんと二人暮らしじゃがな、さーて、これまで何回『お葬式』を出した事か。わしの親に婆さんの親。事故で亡くなった兄弟もある。ひぃふうみぃよぉ・・。何度も何度も悲しい別れを出した。・・それにもうすぐ、わしらの番じゃろうなぁ・・ふぁっ、ふぁっ、ふぁっ」と、お爺さんは笑いました。
 今の日本とは違い、大昔のインドでは、皆が《大家族》で生活をしていた為、『お葬式』を出した事の無い家は、一軒も無かったのですね。  つづく

コメント一覧

たけちゃん Eメール 2010年05月16日(日)13時30分 編集・削除

観念寺様
お久しぶりです!
ゴータミーいいですね!
奥の深いお話しです!
この前コメント書いたんですが、
行かなかったみたいです
この hpもなかなか良いですよwww.d4.dion.ne.jp/~hanami2/f7/hana_a.htm

たけちゃん Eメール 2010年05月16日(日)16時24分 編集・削除

ご院げさん  質問です
ゴータミーの出てくる仏教経典
とは、どの教典ですか?

カンネン亭 2010年05月16日(日)17時31分 編集・削除

たけちゃん様

 教えて頂いたホームページ拝見しました。
 このような美しいホームページがあったんですね。
 感動しました。・・ファンになりそうです。
 善いことを教えて頂き感謝です!

 ところで〔ゴータミー〕の出てくる仏典ですが、パーリ伝『クッダカニカーヤ』、長老尼偈〔テーリ・ガータ〕です。
 又、仏教伝道協会発行の『仏教聖典』には、必ずこの話が出てきてます。探してみてください。
 又、『新訳仏教聖典』(大法輪閣発行)には、紙芝居で述べました、ゴータミーの結婚に至ったエピソードが出ていますので、興味があったら調べてみて下さい。
 ちなみに〔キサーゴータミー〕の漢訳は〔吉舎喬答弥〕です。

たけちゃん Eメール 2010年05月16日(日)21時04分 編集・削除

観念寺様有り難うございました

早速調べてみます
有り難うございました

たけちゃん Eメール 2010年05月16日(日)21時42分 編集・削除

キサーゴータミーを調べてみるうちに
これぞ浄土真宗の教えだなと思ったことがありましたので、もちろんゴータミーのこともありましたが
宗教Q&A
Q 私は、浄土真宗について名前を知っているくらいで、お寺の雰囲気はあまり経験したことがありません。また、好きとかキライとかいう以前に、普段の生活の中で、宗教をあまり意識していません。しかし、占いやおまじない、亡くなった人の霊の存在については関心があります。このようなことを、どう考えたらよいでしょうか?

A 縁というものは、人それぞれなので、どの宗教を信じていても問題はないと思います。しかし、浄土真宗では、人間の生死(生きることと死ぬこと)についての悩みを解決し、その人の一生に寄りそい続ける宗教が、本当の宗教であるとしています。占いやおまじないは、一時、自分が幸せになった気がするだけではありませんか?
また、亡くなった人の存在をどう考えるかということですが、浄土真宗では、亡くなった人はすぐに仏さまになるので、亡きその人の幸せを祈るようなことは必要ないとします。しかし、そのようなことをしてはいけないというわけではありません。そればかりにとらわれて、亡くなった人も自分も阿弥陀さまのご本願によってお浄土へ生まれさせていただくのだということを、忘れてしまってはいけない、ということです。
法事などで、お経をあげるのは、亡くなった人のためだけではありません。亡くなった人を通して、お寺にお参りして聴聞することによって、自分というものを見つめさせてくれるのが浄土真宗です。その時その時の幸せのみを追求するのではなく、大きな安心感で包んでくださる阿弥陀さまに身をまかせ、自分自身と向き合う宗教です。

 瀧上寺  宇野多香子