記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「願わくば、花の下にて春死なん~西行法師の一生」 その7

ファイル 478-1.jpg
(西行)「・・が、しかし、そんなわしの活躍を面白くないとする僧侶がおった。
 その坊主の名は、〔文覚(もんかく)〕といって、暴れん坊で有名な奴じゃった。
 〔文覚〕は、わしがちゃんと修行もせず、歌ばかり作って遊んで旅をしていると、勘違いしておったんじゃな。
 〔文覚〕は弟子たちに、「一度、〔西行〕と顔を合わす機会があれば、ゲンコツを喰らわしてやる!」と息巻いておったんじゃよ。
 そして、ついに〔文覚〕は、わしと顔を合わす時がきた。
ファイル 478-2.jpg
 ・・それがじゃ、なんと〔文覚〕は、わしを一目見るなり、ニコニコ顔になって、手厚く持て成してくれたんじゃ。
 そして、わしは〔文覚〕と円満に別れた。
 ・・〔文覚〕の弟子たちは、わしを見送った後、師匠に詰め寄ったそうじゃ。
「師匠、話が違うではありませんか!〔西行〕をぶちのめすのではなかったのですか!」と。
 すると〔文覚〕は、「お前たちは、あの〔西行〕の面構えを見なかったのか。・・あれは紛れもなく、武士の顔じゃ! もし、わしが殴りかかったとしたら、反対にわしがボコボコにされたであろうよ。」と、言ったそうじゃ。
 〔僧侶〕として、又〔歌人〕として、穏やかに生きて来たつもりであったが、見るものが見れば、わしは紛れもなく〔武士〕の臭いがしたのじゃろうな・・。
 まぁこの話は、わしの他愛もないエピソードじゃがな。わっはっはっ。
 次回、いよいよ最終回じゃ。」