記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「願わくば、花の下にて春死なん~西行法師の一生」その3

ファイル 470-1.jpg
(西行)「・・出家を決意した時、わしはすでに結婚しておった。 そして、幼き子供も一人おったんじゃ。
 僧侶になろうと決意し、家に帰った時の事じゃった。・・わしの子供は、わしを見つけ、喜んですがりついて来た。
 わしの心は動揺した。・・・が、決めた事じゃ。心のとらわれを振り払おうと、わしは心を鬼にして、その子供を縁側から蹴り落とした! 
 子供は泣き、妻は動揺して怯えた。
・・が、しかし、わしは急いで部屋に入って髪を切った。」
ファイル 470-2.jpg
「・・おそらく、あなた方の疑問は唯一つ。
 なぜ、出家したかったのか?という動機を知りたいのじゃろう。・・それは秘密じゃ。人は誰でも内緒にしておきたき事があるじゃろう。
 ・・が、世間の人達は色々と噂をした。
 『西行は、さる高貴なお方との秘密の恋に破れ、世を捨てたのだ』とか。
又『いや、親友の突然の死に、人生の無常を感じての出家だったのだ』とか。
 いずれにせよ、今となってはどうでも良い事。仏縁があったという事じゃろう。
 えっ、それでは、捨ててしまった妻と子は、その後どうなったかとお聞きか?・・わしは、妻子のことはわしの弟にちゃんと頼んでおいた。・・生活できるようお金を預けてな。
 しかし、のち、妻も子もわしと同じように仏門に入ってしまったがな・・。今は罪な事をしてしまったと思っておる。 つづく」