記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ダンテの「神曲」(煉獄界)』 その3

ファイル 379-1.jpg
「走れ!走れ! 急げ!急げ!」

ダンテ「ウィルギリウス様、なぜ、彼らはあのように、一生懸命に走っているのですか? マラソン大会でもやっているのですか?」
ウィルギリウス「・・あれは、生前の〔怠惰〕の罪を走って浄めているのだよ」

ダンテ「・・では、あの地面に伏せて嘆いていてる人たちは、いったい何を浄めているのですか?」
ウィルギリウス「あれは、〔地上の栄華〕や〔モノにうつつをぬかしていた愚かさ〕を、あのように地面に伏せて、反省しているのだ。・・どうだ、ダンテ、ここはちょっと大げさな〔躍動的〕反省ワールドだろう!」
ダンテ「生きている間に、やってきた事って、すべて〔死後の世界〕に反映してくるのですね。ちょっと怖い感じです。
 ・・あぁ、人間世界に戻れたら、しっかり気合を入れて毎日を暮らしてゆくぞ!」
ウィルギリウス「そうだ!ダンテ、気合だ!気合だ!気合だ!」
ダンテ「ちょっと違うような・・・?」 つづく

コメント一覧

らむね 2009年09月18日(金)16時29分 編集・削除

私も生きているうちに寝そべって反省してみようかしら、お茶菓子用意して・・・という怠惰な発想はいけませんね。ところで先日ファンレターお送りしましたが届いてますか??

カンネン亭 2009年09月18日(金)17時14分 編集・削除

らむねさま

ファンレター??
残念ながら届いていません。

らむね 2009年09月18日(金)19時48分 編集・削除

あら残念。問い合わせフォームからお送りしたのですが。どこか彷徨ってるのかもしれませんね。

カンネン亭 2009年09月18日(金)22時36分 編集・削除

らむねさま

ダンテの世界の中へ、いってしまったのでしょうか・・?
もし良ければ、もう一度送って頂ければ幸いです。