記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ダンテの「神曲」(地獄界)』 その11

ファイル 365-1.jpg
ウェルギリウス「ダンテ、ようやく我々は地獄の〔最下層部〕に着くことができたようだ。
 長い旅であったなぁ・・。いつの間にか、(お盆休み)も終ってしまったようだ。今年も働き続けて夏が終ってしまった!いったい私は何の為に生きているのか・・、あぁ虚しい。・・あぁ、いかんいかん、このブログ作者の生霊が私に取り付きよった。あやつは、油断も空きもない奴じゃ。・・やはりこの地獄恐るべし!
・・ところでダンテ、恐ろしくココは寒いであろう!
 ここは、〔氷の世界〕なのだ。
 ここは、〔裏切りの罪〕を犯した者の地獄なのだ。
・・〔肉親への裏切り〕・〔祖国への裏切り〕、そして〔神への裏切り〕。ありとあらゆる裏切り者たちが、ここで裁かれている。
 静かで、動くものはまったくない。正に、凍りついた寂しい世界なのだ!
 そして、いよいよ我々は、この奥底にいる〔地獄の大魔王〕の姿を見る時がきたようだ!・・さぁ、ダンテ、〔地獄の大魔王:ルチフェル〕の姿を見ることにしよう!」
ファイル 365-2.jpg
ウェルギリウス「ダンテ、あれが《地獄の大魔王:ルチフェル》だ!」
ダンテ「寒む寒む、ハッハッ、ハックション!」
ウェルギリウス「・・ダンテ、大魔王といっても《ハクション大魔王》とは一切関係ないぞ!・・お前の〔ボケ方〕パターンは、もうお見通しだ!時間がもったいない。さぁ、話を戻そう。
 あの〔大魔王〕は、昔は最も美しい姿の〔大天使〕だったそうだ。
 それが、その美しさの〔おごり〕から、自分が《天界の王》に成り変わろうとして、神々に叛旗を翻して戦いを挑んだ。しかし負けて、《天界》から投げ落とされ、彼は地獄の一番底に落ち、あのような醜い姿に変わり、氷づけになってしまったというわけだ!
 そして今もあのままの姿で、氷の中に閉じ込められているのだ」
ダンテ「なんか、可哀想な感じもしますねぇ・・?」
ウェルギリウス「・・そうだな、しかし、神様に反逆したのだから仕方がないわ! それよりも我々は今、そんな感傷に浸っている暇はない。ここを早く脱出しなければ、凍死してしまうからな!・・ダンテ、実はあの魔王の身体自体が《宇宙の底》に当たるのだ!だから、我々はあの《大魔王》の身体によじ登り、そしてそこで自分の身体を反転させるのだ。・・すると、あら不思議、重力が逆転して、地獄の底を突き抜けることが出来るというのだ!」
ダンテ「本当ですか?・・でもなんか、面白そう。ウェルちゃん、早くやってみましょう!」
ウェルギリウス「ウェルちゃん・・?。こいつ、地獄を抜け出す方法が解ったとたん、態度がデカクなったような?・・まぁ良いわ」
ダンテ「早く、登ろうよ、ウッチャン!遅いぞ!」
ウェルギリウス「ウッチャン・・・。」 つづく、次回〔地獄界〕いよいよ、最終回!

コメント一覧

らむね 2009年08月18日(火)18時31分 編集・削除

ついに弥次さん喜多さんも地獄の最下層まで来ましたねっ。この「反転による移動」は楽しそうですよね。
ところで私はミルトンの「失楽園」が大好きなのですが、読むたびに「サタンって生き方がまっすぐでカッコイイかも」と思ってしまいます。

カンネン亭 2009年08月19日(水)07時13分 編集・削除

らむね様

「魔王」の元の姿が、美しき「天使」であったというところは、ハリウッド映画的ですね!・・いや、ひょっとすると、現代のアメリカ映画に根底に強い影響を与えているのかも・・。