記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ダンテの「神曲」(地獄界)』 その8

ダンテ「地獄なんて、な~いさ、地獄なんて、う~そさ。悪を無くすた~めに、誰か作った~のさ。・・だけどちょっと、だけどちょっと、ぼ~くだって怖いさ・・・、」

ウェルギリウス「ダンテ、大丈夫か?・・・だいぶ疲れてきたようだな、このブログの作者と同じように・・。お前、地獄の中にいて、その替え歌は、ちょっと不自然だぞ! しっかりしろ、ダンテ!」

ダンテ「はっはい、あまりのカルチャーショックで、少しおかしくなっていたようです。・・頑張ります!」
 
ウェルギリウス「よし、その意気だ! 我等は、ここで今一度、泥の河を渡らねばならない。 
 ここは《ステェグスの沼》といって、〔怒り〕・〔不満〕に我を忘れ、他人を傷つけた者たちで、溢れた沼なのだ。 ここは、いつもケンカが絶えない、気分の悪い沼なのだ!」
ファイル 361-1.jpg
 「さぁっ、沼の〔渡し守〕が来たようだ。 あの船に乗って、沼を越え、〔地獄の二つ目の門〕に入るとしよう!
 門の向こうには、もっと恐ろしい地獄が待っているぞ!さぁ、行こう!・・・だけどちょっと、だけどちょっと、ぼーくだって怖いさ!」

ダンテ「あんたも、かい!!」 つづく