記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

岐阜行き、余話

ファイル 351-1.jpg

 ・・岐阜への出前、余話。
岐阜に行ったら、是非行きたいと思っていた場所が、一ヶ所あった。
 それは、『落語の祖』といわれるお坊さん、〔安楽庵策伝(アンラクアンサクデン)〕さんの故郷、そして〔策伝〕さんの出家したお寺《浄音寺》(写真)であった。
 〔策伝さん〕は、戦国時代のお坊さんで、美濃の国〔今の岐阜市三輪〕の出身である。(岐阜別院から、北へ車で40分ほどであった。・・カーナビを使って、田園風景の中に埋もれるお寺へ、なんとか、たどり着いた。嬉しかった!・・その晩、策伝さんがお寺で出迎えてくれた夢を見た!)
 〔策伝さん〕は、由緒ある家柄の出であったそうだが、(写真)の浄土宗《浄音寺》で、七歳の時に出家。十一歳で、京都に上がり修業を積み、そののち、二十代半ばから全国各地を回り、廃れていたお寺を次々に再興し、この岐阜の《浄音寺》の住職を経た後、やがて六十歳で、京都の《西山深草派総本山・誓願寺》の第五十五世法主となられた。
・・とまぁ、立身出世された凄い方なのであるが、僕が興味を持ったのは、その全国を行脚しておられた時の「めっちゃ、おもろかったお笑い体験談」を『醒睡笑(セイスイショウ)』という全八巻の本にまとめ上げ出版された所に惹かれたのだ。(戦国時代にも、〔お笑いネタ〕が一杯あったのね!・・いや、時代があまりにも悲惨だったので、皆を笑わして慰めようとされたのか・・?)
 今、この〔策伝さん〕の『落語ネタ本:醒睡笑』を紙芝居化しようと思っていて、ずっと練っているだが、その為には、やはり〔策伝さん〕の故郷を見ておきたかったのである。
 僕はこの誰もいない、《浄音寺》で合掌し、念仏して、〔策伝さん〕に語りかけた。
「策伝さん、あなたは、こののどかな田園風景の中で、ご自分が経験されたおもろい、オチのある話を、たくさん思い出し、そして書き溜めていたんですね。・・さぞかし、夜中、布団の中でも、一人思い出し笑いを、一杯されたことでしょう。 はっきり言って、あなたはお坊さんとして『変』です!・・でも大好きです。憧れます。 そんな「変テコ」な本を書き残そうとされたところが・・。あなたがいなければ、おそらく今の『落語』は無かったでしょう。いや或いは、違う形となっていたでしょう。 僕もあなたの足元にも及びませんが、おもろい話や、自分が感動した話を精一杯「紙芝居」やブログに書いて、発表したいと思っています!・・だから、キレのあるお笑い『仏教法話』ネタが、今後一杯思いつくことができますように、お浄土からどうかお力をお貸し下さい。たのんまっさ!」と。 合掌

コメント一覧

らむね 2009年08月04日(火)05時25分 編集・削除

「醒睡笑」面白そうなので早速Amazonで注文してしまいました。夢の中で会われた策伝さんはどんなお坊さんでしたか。

カンネン亭 2009年08月04日(火)10時22分 編集・削除

らむねさま
ハイ、「うまいね~、これでインスタントかい・・。」の故・柳屋小さん(五代目)師匠を小ぶりにしたような顔だったと思います。
『醒睡笑』の笑いは、割と色んな知識が必要ですよ。
当時は、きっと知識階級のおっさん連中受けも、狙ったのかもしれませんね。

らむね 2009年08月04日(火)19時13分 編集・削除

五代目小さん師匠。温和なイメージですねー。
知識階級ではない私には『醒睡笑』はついていけないかしら。でも落語好きだから元ネタ探るのが今から楽しみです。

カンネン亭 2009年08月05日(水)10時14分 編集・削除

らむねさま
『笑うこと』って、とても大切な事だと思っています。
以前、N先生という『笑うことによって、癌を治療しようと試みる』、関西の変なお医者さまとお話したことがあるのですが、結構そのお話に説得力がありました。
『落語』、『漫才』、『コメデイ映画・お芝居』、人を誹謗・中傷する以外に笑えるお話に万歳!そして、ついでに合掌。

Event 坊主 URL 2009年08月07日(金)03時33分 編集・削除

カンネン亭さま、
私もかねがね安楽庵策伝様の姿勢が好きで、
自坊で「落語トーナメント」をやったり
「お笑い法話」を作ってみたりしました。
しかし、醒酔笑ははっきりいって難しい!
時代によって笑い話の「あるある」がこうも違うか?
と、思いました。
きっと絵本の「策伝和尚の面白い話」位が
知識人ではない私には丁度良いのでしょうね?
そんなこんなで貴方様の
「安楽庵策伝」紙芝居!
期待してます!!
それこそ来年復活予定の
「法雲寺落語トーナメント」に
「策伝紙芝居」引っさげて、
スペシャルゲストで出場してほしいぐらいです!!
いつの日かまた、共に「出前」と「イベント」が
コラボ出来ることを
夢見つつ・・。
あ、深夜だ・・。
ホンマに早く夢見なきゃ!
明日もお参り。
お休みなさいませ。
イベント坊主

カンネン亭 2009年08月07日(金)11時55分 編集・削除

イベント坊主さま
「法雲寺落語トーナメント」の復活を楽しみにしています!
是非、一度私も、拝見致したく存知奉り参らせ候・・。
実は岐阜の『浄音寺』さまの掲示板に、書いてあったのですが、毎年〔策伝〕さんの命日である一月八日には、本堂で『顕彰落語会』を、プロの落語家さんを招いて催されているらしいです。
 又、岐阜市では今、〔策伝〕さんをシンボルキャラクターとして、『笑いと感動のまちづくり』事業を実施し、『全日本学生落語選手権・策伝大賞』を開催しているみたいです。・・が、いま一つ、町中では盛り上がってなかったみたい・・です。〔繊維業界の町・岐阜〕の不景気も関係あるのかなぁ?