記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『良寛さま』 その2

ファイル 345-1.jpg
 お寺に入った〔良寛〕さまは、一生懸命に修行しました。
 毎日、お経を読み、座禅を組み、托鉢に出ました。
 そして、さらに修行をすべく、新潟から岡山の〔円通寺〕というお寺に移りました。
〔円通寺〕には、《国仙老師》という偉い師匠がおられ、その師の元で〔良寛〕さまは、さらに厳しい修行に励んだのでした。
ファイル 345-2.jpg
 岡山に移り、いつしか11年が過ぎようとしておりました。
〔良寛〕さま、33才の時、ついに《国仙》和尚から『印可状』を授けられる時がきました。『印可状』というのは、「禅の奥義に到達した」という証です。
 その内容を要約すると「・・良寛よ、そなたは一見愚かに見えるが、どうしてどうして、お前の行く道は、広々とした良い道だ。そんなお前の到達した素晴らしい境地は、誰も見取ることは出きないが、ワシは褒美として、杖を授けよう。これで、思う存分歩き回れ。到る所、お前の世界が出来るであろう・・。」というような内容のものでした。
ファイル 345-3.jpg
 そののち、〔良寛〕さまは、岡山を離れ、諸国を旅して回ります。
 そして40才の頃、ふるさと『新潟』に帰りました。
 すでに両親は亡くなっておりましたが、〔良寛〕さまにとって、故郷こそが、心の休まる場所であったのかもしれません。
 住む当てのないまま、〔良寛〕さまは、あちこちのお寺で寝泊りしましたが、47才の時、『国上(クガミ)山』の〔五合庵〕という空の庵を見つけ、そこを腰の落ち着ける場としたのでした。
ファイル 345-4.jpg
「良寛さまー、今日は何して遊ぼう!」
「・・そうじゃのお、まりつきはどうじゃ。ワシはうまいんじゃぞう、見ておれ・・。『おらが殿様・・焼餅好きで、・・夕べ九つ、今朝また七つ、一つ残して、たもとに入れて、馬に乗るとて、ポタリと落とし・・・、』・・ありゃ、しもうた。ホンに落としてしもうた!」。「良寛さま、一貫貸しー!」と、このような調子で、毎日毎日、〔良寛〕さまは、子供達と遊んで過ごしました。
 子供達と一生懸命に遊ぶのが、〔良寛〕さまの修行だったのかもしれません。 又、大人たちも子供の面倒を見てもらえて大喜びでした。 つづく