記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『蓮崇と蓮如上人』(その6)

ファイル 2108-1.jpg
あれから24年が経った。
 蓮如上人は、北陸を離れられても勢力的に布教して、活動されたらしい。
 そしてやがて、京は山科という所で病に倒れられた。
 上人は床の中で、しきりにオレの事を思い出されたらしい。
 「蓮崇は今、どこにおる?・・蓮崇を許してやろうぞ⁉」と蓮如さまは言われた。
 すると、そこにいた門弟たちは、一斉にオレの悪事を並べて、「許すなど、とんでもない事⁉。又、蓮崇との面会なども考えてはいけません」と。
 そう、オレは蓮如上人とお会いしたくて、京都まで行き、一目お会いしたいと門弟に頼んでおったのだ。
 蓮如上人がオレの悪口を、門弟からさんざん聞かされた後、こうおっしゃれたそうだ。
「お前たち、それがいかんのだ!・・何と嘆かわしい事を言うのだ。‥こころさえ改めるなら、どんな者でも救うというのが、仏の本願ではなかったか⁈・・どうしようもない者を許していくところが、わが宗旨の面目があるんじゃなかったか⁈‥蓮崇を探しだして呼んでまいれ。」と。
ファイル 2108-2.jpg
 こうして、北陸でお別れしてから、24年ぶりにお上人にお会いすることができた。
 お上人のお顔を見た瞬間、オレの目から涙が猛烈にあふれだした。
「お上人⁉お会いでき、かたじけない事でございます。・・あぁ、お許しください!お上人、私は私は・・」ともう後は涙で何も言えなかった。
 「蓮崇、破門を許す」と、お上人は一言、目に涙を浮かべておっしゃられた。
 それから、五日目、蓮如上人は御往生された。つづく