記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『源信さまとお母さん』 第1部 (後編)

(前回からの続き~)
 『源信』さまは、お母さんからの手紙を読んで「あっ」と驚かれました。なんとそこには、次のように書かれてあったのです。
ファイル 191-1.jpg
「源信へ あなたは〔天皇〕様に褒められたとか、位が上がったとか、という事を自慢げに思っているようですが、それは私にとって嬉しいことではありません。本当に偉いお坊さんとは、迷っている人や苦しんでいる人に、仏様の教えをしっかりと伝える人だと思っています。記念の《布》は入りませんからお返しします。どうか私のような年取った者が、安心して死んでいけるような教えを説くお坊さんになって下さい。それが母の願いです。 母より」
とそこには書かれてありました。
 これを読んで『源信』様は、ポロポロ涙を流して泣きました。(エエおかんやなぁ・・)
 そして「お母さん、有難うございます。私が間違っておりました。私にとって《お母さん》こそ、お師匠様です。よく教えを守ってしっかりやりますので、どうかご安心下さい」と、『源信』様は心に強く誓いました。
 そして早速、比叡山の更なる山奥である〔横川(ヨカワ)〕という所に閉じこもり、(母の死を機縁に〔横川〕に隠遁したと言う説の方が有力ではある)真剣に仏様の道を求めました。
 こうして『源信』様は、更に徳の高いお坊さんになっていったのでした。
ファイル 191-2.jpg
 それから何年かが経ち、ある日、お母さんが《危篤》との知らせが届きました。
 『源信』様は居ても立ってもいられなく、急いで山を降りて故郷へ向かいました。
 家に着いた『源信』様は、やせ細ったお母さんの手を握り締め、《念仏》を称えることを勧めました。
 声にならない母の《念仏》と、『源信』様の《念仏》の声は、互いに共鳴し合い、そこに静かな安らぎの場が生まれました。念仏を共に、繰り返し繰り返し称え、そしてやがて夜明け前に、お母さんは静かに息を引き取りました。
 『源信』様は「私はお母さんとの《ご縁》が深かった。だからこうして死に目にも会うことができた。これ程嬉しいことはない」と心からそう思いました。
 このような体験から・・、
ファイル 191-3.jpg
 『源信』様は、《二十五三昧(サンマイ)式》という、現在のホスピス医療(緩和ケア)の走りともいうべき御本をお書きになり、『念仏に帰依した二十五人の仲間が毎月、日を決めて一晩、念仏を称えて、仲間の最後の時は、必ず介護・看護し看取り合う団体』=《二十五三昧会(エ)》という《結社》(秘密結社〔ショッカー〕みたいなものではない!そんなん言わんでもわかってるか〔笑い〕)をお作りになり、実践されました。
 又、恐ろしい地獄や美しい極楽の様子、そして念仏往生の大切さを書かれた『往生要集』をも書かれ、遠く中国からも絶賛されました。(この『往生要集』は第2部の「紙芝居」で詳しくご紹介いたします!)
ファイル 191-4.jpg
 さて、お母さんの多大な影響を受け、この日本に偉大な足跡を残された『源信』様は76才でご病気でお亡くなりになります。
 その最後は、ご自分の書かれた『臨終行儀(リンジュウギョウギ)』の方法そのままに、阿弥陀様のご仏像のお手とご自分のお手を〔五色の糸〕でしっかり結ばれ、念仏を称えながら亡くなられたという事です。 第1部 おしまい
 
〔第2部の『源信さまと地獄・極楽の話(往生要集)』へ続く・・〕 
 
 

コメント一覧

らむね 2008年10月23日(木)11時16分 編集・削除

待ってました源信さまの紙芝居。私も紙芝居法話を拝聴しに伺いたいところですが関西はちょっと遠くて残念。
今昔物語集でも源信さまよくご登場されます。地獄極楽編も期待してます。

観念亭主 2008年10月23日(木)16時38分 編集・削除

らむね様
コメントありがとうございます。
結構、一時期『往生要集』にハマッてた時がありまして、それをどう「紙芝居」化しようかと、悩みながら、楽しんで作ったら・・(おかしな日本語ですね〔笑い〕、次回紹介する「飛び出す地獄の紙芝居」になってしまいました。ホームページでは「飛び出せませんが」、その雰囲気を出せるような写真を載せますね。拡大して楽しんで下さい!・・近々載せます)