記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「歌人 石上露子(いそのかみ・つゆこ)」(その8)

ファイル 1830-1.jpg
 明治時代は終わり、大正、昭和へと時代は移り・・、
 露子の家に次々と悲劇が襲います。
 昭和16年、長男は病死。
 終戦の年、昭和20年。精神の病から息子に家督を譲っていた夫が死亡。
 さらに戦後の農地改革で、杉山家は[保有農地]を失い、経済的大打撃を受けます。
 しかし、もっと大きなショックは、次男の自死でした。
ファイル 1830-2.jpg
 次男が亡くなってから、露子は彼が生前からよく通っていたという、(現・河南町の)高貴(こうき)寺に、度々足を運び、住職との交流を深めてゆきます。
ファイル 1830-3.jpg
 この山深いお寺で、露子は(おそらく)心の安らぎを求めたのでしょう。
 現在、このお寺には(杉山家のお墓とは別に)、露子と子供たち三人のお墓が建っています。 つづく
ファイル 1830-4.jpg