記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「歌人 石上露子(いそのかみ・つゆこ)」(その7)

ファイル 1829-1.jpg
が、露子は大地主の[跡取り娘]です。
 文筆活動を止め、婿養子をもらい家を継ぎ、子供を作り家を繁栄させねばなりません。
 そういう、時代だったのです。
 それで、彼女は26歳で結婚。
 奈良県から、(家の釣り合いの取れた)婿養子を迎えます。
 そして、二人の男の子をさずかります。
 が、露子の父が亡くなり、後を継いだ婿は、恐慌時に株で大失敗。
 杉山家の所有財産が、三分の一まで減ってしまうのです。
 この頃から、夫婦仲が悪くなり、露子と夫は別居することになるのです。 つづく 
ファイル 1829-2.jpg
(杉山邸の庭)