記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「修験者 役の小角(おづぬ)」(その6:最終回)

ファイル 1624-1.jpg
 捕らわれた母親を救う為に、自ら姿を現して、捕まってしまった小角・・。
「お母さん、大丈夫ですよ。必ず、私は帰って来ます!」と言って、小角は去りました。
 そしてそのまま、伊豆大島に島流しになってしまいました。
 ・・それから、二年が経ちました。
ファイル 1624-2.jpg
 やがて、小角の無実が判明し、無事、大和の国に帰って来ることが出来ました。
 が、その年(大宝元年[701])、小角は亡くなりました。(ここから僕の想像ですが、すでに小角は伊豆大島で、無理がたたり身体が衰弱していたのか?・・あるいは遺体になって帰って来たのではなかろうか?・・と思ってしまった[涙])
 その死についても諸説様々で、小角は大阪の[箕面]の山から、天高く雲に乗って飛び立ったとか・・。
 あるいは、母を小っちゃくして鉢の中に入れ、中国大陸まで飛んで行ったとか・・。いろいろな伝説があります。
(まぁ、多くの人から、小角は好かれていたんやろなぁ。だから、そのまま死なせたくなかったんやろなぁ。)
ファイル 1624-3.jpg
 役の小角が亡くなって、1300年。
 小角が開いた、[修験道]という日本古来の信仰は、今も『奈良県:吉野』の[金峯山寺(きんぷせんじ)]を総本山にして伝わっています。
 そして、小角の目の前に現わされたという《金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)》様は、今も本堂から我々を見守って下さっているのです。

 ・・えっ?なぜ、三体も金剛蔵王権現さまが居るのかって?
 それは、過去の過ちを赦す《お釈迦》様、現在を護る《千手観音》様、未来を輝かせる《弥勒菩薩》様が、それぞれ、金剛蔵王権現さまに変身して、我々を守って下さっているからなんですって。
ファイル 1624-4.jpg
(吉野:金峯山寺)
 おしまい