記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「アッシジの聖フランチェスコ」(その2)

 余談ながら、アメリカ合衆国の都市『サンフランシスコ』は、この紙芝居の主人公[聖フランチェスコ]から『都市名』を取ったものだということはご存じだろうか?
 日本でも、偉人の名前が都市の名前になったところはあるが、アメリカとなると、それはたいへん規模が大きいものだと思う。
 それだけ、アメリカ人に尊敬されていたのだろう。
 さて、本編に戻ろう。
ファイル 1347-1.jpg
 やがて18歳になったフランチェスコは、華やかな鎧に身を固め、隣の国に戦争に出発します。
 父は「フランチェスコ、立派に戦って来い!・・そして、手柄を立てて、隣のお城から宝石や財宝を奪って来い!」と言いました。
 「はい、わかりました!」とフランチェスコは、意気揚々と出発したのでした。
 しかし・・、
ファイル 1347-2.jpg
 凄惨な戦いに敗れ、隣国の捕虜となったフランチェスコ。 やがて熱病に侵され、莫大な身代金を払って帰還したのでした。
 そして、自宅のベットに横たわり、生死の境を彷徨ったのでした。
(フランチェスコ)「あぁっ・・、なぜ、同じ人間同士が、殺し合わねばならないのだろう。」と、悩み続けました。
ファイル 1347-3.jpg
 ある日のことです。
 フランチェスコは、窓辺の小鳥の声に目を覚ましました。
(フランチェスコ)「小鳥はわずかなエサと水だけで、何の不満も言わず、毎日、楽しげに歌い空を舞う。・・そうだ!人間も小鳥のように生きれば良い。
『欲を捨てて生きる。』・・これが大事なのだ!」と、フランチェスコは、この時をきっかけに、生き方を一遍したのでした。 つづく