記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「仏さまからの三つのご縁~それは突然にやって来た」(その4)

ファイル 1320-1.jpg
 僕は、生まれて初めて救急車に乗った。・・たいへん貴重な体験だと思った。
 この時、意識はまだはっきりあって、「救急車って速いもんやなぁ。信号無視もオッケーなんやろな。速いわー」と、(目が回りながらも)感じた事をはっきり覚えている。
 (まだこの時、こんな他人ごとみたいに感じていたのだ。)
 ・・しかし、この時、本願寺職員さんの「救急車呼びましょう!」という言葉が無かったら、僕は今頃、こんな風にのんきにブログを書いてはいられなかった。
 ・・それは脳内出血が、進んでいたからだ。
 原因は、慢性疲労と高血圧が、血管破裂の要因だということだった。
 この『本願寺職員さんの言葉』が、[仏さまからの二つ目のご縁]であった。なんせ、一分一秒を争うことだったからだ。 
ファイル 1320-2.jpg
 救急車は、すぐ近くの[大阪警察病院]に入り、脳の写真を撮った。
 そして、「・・これは、すぐに手術をしたら、大丈夫や。」という、僕の耳元でドクターたちの会話が聞こえた。
ファイル 1320-3.jpg
しかし、一方、病院まで付き添ってくれていた本願寺職員さん達は、あせっておられた。
 つづく