記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「仏さまからの三つのご縁~それは突然にやって来た~」(その1)

 この紙芝居はすべて実話である。
 僕の記憶違いは多少あるかもしれないが・・、まだ、記憶が生々しい時に病院の中で描いた。
 それでは、[入院三部作]の最終章を見て頂くとしよう。
 はじまり、はじまり~。
ファイル 1317-1.jpg
 みなさんは、仏様って信じはりますか?
 では、仏さまの存在を身近に感じたことありますか?
 私はあります。
 なぜかって・・?
 それは、私の個人的体験から、聞いて頂くしかないのですが・・。
 それでは、その話を聞いて頂きましょう。

 平成26年3月4日、それは何の前触れもなく、突然やってきた。
ファイル 1317-2.jpg
 ・・話はその前日から始まる。
 それは3月3日の夜、大阪の「本願寺津村別院」から、突然、電話があった。
(本願寺職員)「あの~、宮本っさん。急なことなんですが、助けてもらえませんか?
 実は明日、天王寺区の[クレオ大阪ホール]で、仏教婦人会があるんですが・・、講演を頼んでいた講師の先生が、インフルエンザになられて・・。
 それで、ピンチヒッターを宮本さんに頼もうかと・・。
 明日の午後、空いてませんか?」
ファイル 1317-3.jpg
 「何とかしましょう!」
 と、僕は調子にのって二つ返事でお答えした。
 だが、後で考えると、これが生死を分けた、不思議な[三つのご縁]のはじまりだったのである。
 
 その一つ目が、この突然の講師の依頼であった。
 つづく