記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「ジキル博士とハイド氏」(その5:最終回)

ファイル 1265-1.jpg
警察「警察ですっ!ジキル博士、今一度、お部屋の中を改めさせて頂けませんか?」
ハイド「いかん、このままでは捕まってしまう」
 とつぶやき、ハイド氏は大声で叫びました。
ハイド「帰ってくれ!ここに犯人などは居らんっ!」と。
 その声を聞いて、
警察「おい、あの声はジキル博士の声では無いぞ。・・という事は、もう一人別人がいるんだ。・・ジキル博士っ!大丈夫ですか⁉今、助けに参ります!」
 と、警察はドアに体当たりし始めました。
ファイル 1265-2.jpg
ハイド「・・もはや、これまで。・・私が間違っていた。
 一人の人間には、善なる心と悪なる心の二つがあり、そのバランスをうまく保ち、・・そして、それを正しくコントロールするからこそ、社会の中で生きぬく事が出来るのだ。
 その一方を完全に排除する事は、一人の人格を崩壊させるのと、同じことになるのかもしれない・・・。」
 と、そうつぶやき、ハイド氏、いやジキル博士は、机の中からピストルを取り出しました。
 そして、引き金を引き、
 『バァーン!』
ファイル 1265-3.jpg
警察「なっなんだ!今の音は。・・いかん、ジキル博士が犯人に撃たれたのでないか⁉ 急いでドアを蹴破れ!」
 そして、警察があわてて部屋の中に入ると、そこには・・、
ファイル 1265-4.jpg
 顔の半分がジキル博士で、後の半分がハイド氏の遺体が横たわっておりました。

 おしまい

コメント一覧

マロンさん 2014年02月18日(火)05時58分 編集・削除

15日は雪の中、狭山池博物館へ行って来ました。丁度「暮らしの道具展」と言う、企画が行われて居て、「おこた」の入った部屋が、実現して居ました。河内長野からの夫婦と小学生の二人の女の子が来られたので、重源さんの紙芝居をおこたに入って聞いて頂き、その後、堺市の福田から老夫婦が小学生のお孫さん二人連れが在り、同様に実演しました。良く解って、楽しかったと言って頂けました。評判のイベントと成って欲しいと思います。

カンネン亭 2014年02月18日(火)10時35分 編集・削除

 おこたで、紙芝居。
 それは面白い企画ですね。頑張って下さい。