記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「ジキル博士とハイド氏」(その2)

ファイル 1262-1.jpg
 ・・ついに、ジキル博士は善と悪の心を分ける薬を完成させたのでした。
 そして、いよいよ試飲の時が来ました。
ジキル「この薬を飲めば、おそらく、隠されていた私の中の[悪]の姿が、はっきりと浮かび上がってくるだろう。
 ・・その時、私はもう一つの作った薬を飲む。
 そうすれば、私の中の悪心はすべて消える!
 そして、完全なる正義の人間に、私はなれるのだ!」
 と言って、一気に薬を飲み干しました。
ファイル 1262-2.jpg
ジキル「ぐわぁー!体が焼けそうだ。」
 と、絶叫したジキル博士。
 すると、何という事でしょう!
 ジキル博士の顔が、だんだんと・・・、
ファイル 1262-3.jpg
猫ひ○し「ニャー!」・・ではなく、(今回笑うトコはここしかないので、今の内にしっかりと笑っといてちょう。)
ハイド氏「グワォー!・・、フッフッフッ・・これこそが私の、いや俺様の本当の姿だ!・・正しい人間に成るだって⁉・・まったくバカバカしい。
 世の中、面白、可笑しく生きれば良いのだ!弱いやつなど、皆くたばっちまえ!・・私はもはや、偽善者ジキルではない。そうだ、名前も変えよう。悪の帝王ハイドさまだ!ガハハハッ。・・悪を無くす薬など飲んでたまるか!」
 と言って、外へ飛び出して行きました。 つづく