記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「ジキル博士とハイド氏」(その1)

ファイル 1261-1.jpg
 人は誰でも、心の中に、善(良心)と悪(欲望=エゴ)の心を持っているものです。
 そして、その二つの心をバランスよく保つ人間が、人生を(どうにか普通に?)生き抜けます。
 ・・それでは、善と悪、一方の心だけを排除して生きようとしたら、いったいどうなるでしょうか?
 このお話は、それを実行しようとした一人の博士の悲劇の物語です。
ファイル 1261-2.jpg
 時は19世紀。イギリスロンドンの街。ここに一人の若き優秀な医学博士がおりました。
 彼の名は、ジキル博士。
 お金持ちで、慈善家で、研究熱心で、・・とにかく三拍子そろった人格者なのでした。
 ・・が、しかし、彼には一つの悩みがありました。
 それは・・、
ファイル 1261-3.jpg
 博士の心の問題でした。
 ジキル博士は、たいへん真面目な性格でした。
 それで、自分の心の中の邪心(悪い心=いろんな欲望)が許せなかったのです。
ジキル「私は完ぺきな正義の人間でありたい。しかし、私には傲慢さや欲望がある。
 それらを消し去ることが出来れば、私は完全なる正義の人間になれる!
 そうだっ!私の心を正義と悪に、はっきりと分離できる・・そんな薬を作ろう!」とジキル博士は、長い研究を重ね・・・。 つづく