記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「金子みすゞと仏さま」(その8)

ファイル 1216-1.jpg
又、金子みすゞには、宗教的視点で、宇宙と生命とを捉えたような、次のような詩があります。
 
 『蜂(はち)と神さま』(「金子みすゞ全集・Ⅱ」より)
「蜂は お花の中に、
 お花は お庭の中に、
 お庭は 土塀の中に、
 土塀は 町の中に、
 町は 日本の中に、
 日本は 世界の中に、
 世界は 神さまの中に、
 そうして そうして、
 神様は
 小っちゃな 蜂の中に。」
 
 ・・余談ですが、後年、前ローマ法王が、この詩を読まれた時、「我々の何万人の神父によっても、これだけ判りやすく、明快に(お説教)を伝えはきれない。」と、涙を流して、感想を述べられたそうです。
 つづく