記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「永観、遅し!」(後編)

ファイル 1147-1.jpg
 驚き、立ち止まった永観さま。
 その姿に気が付かれた『阿弥陀』さまは、すっと首を左にひねって、こちらを向き、そして、こうおっしゃったのでした。
 「永観、遅し!」と。
ファイル 1147-2.jpg
 その感激で、永観さまは涙を流しながら、又、行道を始められました。
 そして、いつしか夜は明けて、阿弥陀様は元の壇に戻ってゆかれました。
 しかし・・、
ファイル 1147-3.jpg
 壇に戻られた『阿弥陀』さまのお首は、この日以来、(ムチ打ちのように〔いかん、最後にボケをかましてもろた!〕)左に曲げられたまま、もう二度と、元のお姿には戻りませんでした。
 その後、永観さまは、この日の体験から、さらに熱心にこの〔阿弥陀〕さまを拝み続けられ、又、民衆救済に、力を注がれたということです。
ファイル 1147-4.jpg
 そして今も、この阿弥陀様は、『見返り美人』ではなく、『見返り阿弥陀』というお名前で、禅林寺永観堂で、お祀りされておられるのです。
 おしまい
ファイル 1147-5.jpg(本物)
 

コメント一覧

愛子 2013年07月12日(金)17時42分 編集・削除

いやぁ~~。ありがとうございます。
今日は長男が試験中で早く帰ってきましたので、
一緒に見させていただきました。

阿弥陀様の影がぬ~~っと動き出す時の
足が、とても好きです。
これはやっぱり宮本住職の紙芝居でしか味わえない醍醐味!

ものすごく気に入りました。

永観の涙を流しながら歩く姿もたまりません。

本当に良かった~~・・・

展覧会で住職の紙芝居をお借りすれば良かったです。
私も住職のマネをして、おもろい恰好で紙芝居やって見たかったですわ!ww

ありがとうございます!

カンネン亭 2013年07月12日(金)19時25分 編集・削除

 そうですか。
 それは良かったっす。
 展覧会の大成功をお念じ申し上げます。
 
 でも、僕は別におもろいかっこしたい為に、紙芝居をやってる訳ではないのですよ。・・まぁ、嫌いでもないけど。